メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。当事者の方から相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「肩の力を抜いてラフ(Laugh)に生きる♪」

システム手帳にハマり中。
ミニマルライフを目指したい。

YouTuberの購入品紹介とルーティン紹介が自己理解に最適だった

こちら本気です!

まぁ実際に動画を投稿する、しないは別にして。考え方だけは確実に!めちゃくちゃ使える話だから、騙されたと思って聞いてほしい。

こんにちは、ももかです。@momohsphss

3年くらい前に、生活のあらゆる事柄に対して自分の基準を明確にするため、集中してやってたのがYouTuberごっこ。

動画は投稿しないけど、日用品とか化粧品を買ったら、「なぜ購入したのか?どこが気に入ったのか?」という判断基準の振り返りをしたり。

日常のルーティンを脳内で実況中継して、なぜ、その習慣を続けているのか考えてみたり。

っていうやり方で、自己理解を深めていた時期がありました。

買い物に行くと選ぶのに疲れて気持ち悪くなる人、周りの意見に流されて振り回されている感覚がある人、もっと自分の好き嫌いを大切にしたい人。

こういう人たちは、他者に向かって購入品紹介やルーティン紹介をするYouTuberの真似をしてみると、自分の基準が明確になっていきますよ。

YouTuberごっこバージョン「購入品紹介」

購入品紹介は、買ったものとか、使って良かったものを理由を添えて紹介する企画ですね。

YouTuberごっこ版の購入品紹介は、人に説明するつもりで紙に書きだしたり、独り言としてブツブツ呟いたりしてアウトプットしてみます。

新しく買ったもの、長年使っているもの、どちらでもOKです。

振り返りのポイント

振り返りのポイントは、次のようなことですね。

  • 気に入ったところ
  • 購入の決め手
  • なぜ必要だと思ったのか
  • 特別気に入っているのか、あれば良い程度なのか
  • 他のものではダメな理由

など

ここでは、値段、購入場所、使用用途、といった基準も出てくると思います。

五感を使う

購入品紹介は、基本的に手に取って目で見えるモノを対象にします。なので、判断基準を探すときは、五感に意識を向けるとやりやすいです。

  • 見た目
  • 匂い
  • 肌ざわり
  • 舌触り

みたいな感じ。

たとえば、シャンプーを買ったとしたら。

パッケージのデザインが好み!フカフカの泡立ちも気に入ってる。
アロマっぽい匂いがするから、目をつぶるとリラックスできるのも好き

こうやって、目・耳・鼻・肌・舌を基準に快不快を探っていくと、自分の感覚が明確になっていきます。

心と身体はつながっている!

心と身体はつながっているので、五感を頼りに気持ちを探ることができるんです!

詳しくはこちらの書籍がオススメ↓

使い続けているもの

購入してスグにやるだけじゃなくて、時間が経ってから、良かった点、想像と違った点などを振り返るのもオススメです。

何十年と使い続けているものがあれば、それも振り返りの対象にしてみましょう。

YouTuberごっこバージョン「ルーティン紹介」

ルーティン紹介は、朝起きてから出かけるまでの行動とか、帰宅してから寝るまでの行動など、日ごろの習慣を紹介する企画です。

YouTuberごっこ版のルーティン紹介は、実際に動きながら脳内でナレーションします。

動画でも、撮影したあとに解説の音声をアテレコしてるやつ、ありますよね。あんな感じのイメージ。

振り返りのポイント

朝の準備や就寝前に、次のようなポイントで振り返ってみましょう。

  • 朝起きて1番最初にやることは?
  • 夜寝る前に必ずやることは?
  • なぜ、その習慣を続けているの?
  • その行動で感じてるメリットは?
  • 取り入れたきっかけは?

など。

ナレーションは呟いてもいいけど、家族と同居している人は不信がられるので(笑)

脳内で再生するだけでも十分です。

実際の動きと連動させる

これは購入品紹介にも共通するんですが。

対象のモノを手に取って観察したり、習慣を実行している最中にナレーションしたり、実際の動きと連動させる方が、リアルな感覚を得られます。

たとえば、お風呂上りのスキンケアなら、そのシーンを想像して紙に書きだすのではなく、実際に化粧水をペタペタしているときに、意識を向けて自問自答します。

日常生活の選択基準が明確になると、自分に合ったライフスタイルも作りやすくなります。

参考:自己理解の質問リストでライフスタイルの軸を作ろう

「こだわり」が見えてくる

YouTuberさんの真似して、購入品や日々の習慣から自分の基準を探っていたころ。

私はモノを買っても満足感が続かなくて、手にしたら急に熱が冷めちゃったり、モノに愛着を持つっていう感覚がわからなかったんですね。

そんなとき、化粧品とかガジェットとか、インテリアとか。熱心に解説しているYouTuberさんを見て、

こだわりがあって、かっこいいなぁ

と思っていたわけです。

実際に動画を投稿する勇気もないので、ひとりでYouTuberごっこと称して、「なぜ買ったのか?どこが気に入ったのか?」を振り返るようにしてみた。

始めのうちは、言葉も全然出てこないし。自分自身に説明してみたものの、なんかしっくりこない気もする。みたいな状態でした。

でも、しばらく続けていると「こだわり」が見えてくるようになったんですね。というか、作られたとも言えるかな。

そうすると、お店に行って迷う時間が少なくなり、ドラックストアで気持ち悪くなることが減りました。

あくまで真似するだけなので、自分のなかで整理する話を中心に解説したけど。チャレンジしたい人は、本当に動画投稿しても良いしね!

購入品やルーティン紹介のYouTuberごっこ、騙されたと思ってやってみてください!

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力や両極端な二面性による

複雑な生きづらさを紐解き心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!