メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

自信がないのに「できる人」に見られて頼られる理由

こんにちは、ももかです。@momohsphss

内心は不安でいっぱいなのに、頼られてばかりで「本当の自分を出せない」と感じるとき、ありませんか?

自信がないから行動して、現実の動きを見ながら情報を集め、検証しながら進めているのに。いつのまにか自信家に見られている。

この理由はシンプルに「動くから」です。

未知の世界に飛び込むワクワク感から、どんどん形にできるのは楽しいけど、あまりにも「できる人」に見られると弱音も本気にしてもらえないんですよね。

だから動く範囲を狭めるのではなく、マイペースに好奇心を満たしていって、結果的に周りの評価がついてくるようにした方が、自分も相手も楽しめる好循環につながります。

不安になると動きが活発になる人

集団でなにか進めるとき、だいたい3パターンに分かれます。

  1. 周りが動き出して結果を見てから動くタイプ
  2. 最後まで遠くから観察するタイプ
  3. まず動いて結果を見ながら結論を出すタイプ

こんな感じ。

やっぱり、動きが早くて活発な人ほど「頼りになる」と言われるし、自信を持っているように見られます。だけど動く理由によって、同じ行動をしても目的が違うんですよね。

自信があるから積極的に行動する人だけじゃなく、不安だから動いて反応を確認したい人もいるんです。

後者の場合、動けば動くほど、周りとの温度差を感じて孤独感が高まります。

自信があるように見られる

不安を払拭するために動いた結果どうなるかというと、自信があるように見られるんですよね。

さらに表情や喋り方に緊張が反映されない人だと、内心めちゃくちゃ動揺して心臓バクバクなのに、サラッと軽くこなしてると思われる。

パニックになっていることや、疲労困憊していることが周りに伝わらない。弱さを見せようとしても、どこか冷静に「大丈夫でしょ」っていう雰囲気を出される。

真剣さが伝わってない気がしてイライラするし、かといって誰も助けてくれないから、みんな自分勝手に要領よくやっているように見えて、よけいイライラする。

挙句の果てに「私は集団生活に向いてないのかな?」なんて、自分の協調性のなさが原因かと思い始めちゃう。

っていう人、実はけっこういます。

こういうときに「大丈夫だよ」と励まされても、ポジティブに受け取れないんですよね。

本当は逃げたくて、結果を保証してほしくて、不安に押しつぶされそうだから動いているのに、突き放された気分になる。「けっきょく孤独に頑張らなきゃいけないのか」というプレッシャーに感じるんですよね。

「あれだけ動くんだから相当自信があるんだろう」と思われるかもしれないけど、命を守るために動く人もいるのです。

命を守るか?好奇心か?

不安で自信がないのに自信家に見られてもっと頼れなくなるのは、動くからなんですが。

じゃあ、動かないようにしよう!っていう対策は、あまり有効ではありません。行動そのものではなく、動機に着目してみましょう。

なんのために、なぜ動いているのか把握していると、同じ行動でも見える景色が変わってきます。

とくに、次のような考えがありませんか?

  • 他人の期待に応えることが自分の存在価値である
  • 依頼されたものは好き嫌いを考えず確実に提供する

これらは、好奇心の源泉であり、外的から命を守る防衛本能でもあります。プラスに働けば充実した結果をもたらすけど、過剰になると心身のバランスを崩します。

条件反射的に「やらなきゃ!」となっていると、いつのまにか防衛本能の側面が強くなって、動けば動くほど空回りするんですね。

不安を埋める行動であっても、好奇心から興味が湧いて、「不安で自信がないけどやってみよう!」と動いたときは、どんな結果であっても楽しいので充実感は高まります。

これは命の安心を求めるというよりも、「人生を楽しみたい」という欲求を満たす行為だからです。

無理に不安を消そうとしない

不安そのものを消そうとせず、行動をセーブしようともしない。やることは、たったひとつ。

「あ、いま不安から動こうとしているな」と心の動きに気づけるようになることです。

そして「これって命を守るため?人生を楽しむため?」と、一呼吸おいて自分を観察して、期待に応えることに偏り過ぎていないかチェックしましょう。

自覚したうえで動けば、パニックも和らいで、視野が狭くなるのを防げます。そして適切に他者にSOSを出すことができるので、マイペースに好奇心を満たしつつ、やりたいことに集中できますよ。

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!