メニュー
プロフィール
馬場 桃香
ばば ももか
~働くHSS型HSP女子の「やりたい」が見つかるカウンセリング~

4年の副業期間を経て、2021年に専業カウンセラーになる。
延べ250人以上の相談実績をもち、「体調不良で諦めた仕事に再挑戦できた」「休日にカフェに行く余裕ができた」「好きなことで人との繋がりをもてた」というお声をいただいている。

自己主張が苦手な人も話しやすい雰囲気作りが得意で、「安心する」とよく言われる。

自身は、HSS型HSP気質をこじらせ、16歳で適応障害と診断され、4年間投薬治療を受けた経験がある。
社会人になり、最年少で昇進、全国トップレベルの営業成績を記録するが、摂食障害、借金200万円、ストレスで潰れて仕事が3年以上続かない、という悩みを抱えていた。

2017年に自分の気質が腑に落ち、「そのままの私で生きる!」と決意。同じように悩んでいる人の力になりたいという想いから、心理カウンセラーの道へ。

現在は、埼玉県の田舎からオンラインをメインに、たまに東京出張で対面も実施中。

考えても考えても答えが出ないときは外側に求めるのをやめてみる

こんにちは、ももかです。@momohsphss

なんだか、ず~っと同じ問題で悩んでいる気がする。アレコレ対策を試してみるものの、なかなか思うような現実の変化につながらない。

一瞬「これだ!」と閃いて、思い切って取り入れても、少し経つと「やっぱり違ったのかな…」なんて、違和感が出てくる。

考えても考えても、進んでも進んでも、目的の場所に辿り着けない。同じ場所をグルグル彷徨っている感じがする。

今日は、そんな状況に陥ってしまった人へ、メッセージを書いてみたいと思います。

ポイントは、外側に求めるのをやめること。

考えても考えても答えが出ない

たとえば、自分にあった仕事がしたくて転職活動をして、面接を受ける。素敵なパートナーが欲しくて婚活をして、デートをする。貯金を増やしたくて、節約術を試す。

こんな風に、「なりたい私」「理想の未来」を手にするために、どうしたらいいかな、と考えて行動してみるものの、いつまで経っても欲しい結果が手に入らない。

「やり方がいけないのかな?」

「なにがダメなのかな?」

なんて、考えて考えて。たくさんたくさん、チャレンジしている人も多いのですよね。

それでも、なんだか強いブレーキがかかる感じで、一瞬「手に入った!」とか「これが求めていたものだ!」と思っても、すぐにリセットされて、振り出しに戻る。

ず~っと同じ問題で悩んで、同じ場所をグルグルしている感じがして、しっくりくる答えが出ない気がする。

そんな現実なのでね、自分のことが信用できなくなって、動くのも決断するのも、怖くなっちゃうんですよね。

外側に答えを求める心理

ちょっと耳が痛いかもしれないけど、外側に答えを求めるのは、自信のなさの表れでもあるんですね。

でもね、本人としては外側に答えを求めているつもりはなく、自分で決めて、ちゃんと自分と向き合って決めている感覚だと思うんです。

むしろ、だれにも頼らず、相談もできず、ひとりぼっちで戦っている感じがするかもしれません。

決断力、行動力があるように見えるけど

ところが、なんです。

見た感じは、決断力と行動力があるようだけど、心の奥底には、いまの自分を否定する気持ち、こんな状態にした他者への怒り、などが埋まっている可能性があるのです。

現在の状況を受け入れられないまま、気持ちの整理がつかないまま、つまみ食いで行動するので。気持ち、思考、身体(行動)に「ねじれ」が起こるのです。

なので、本質的には、その行動や決断に自信がないまま動くので、

「だれかに決めてほしい」

「いまの現実は私のせいじゃない」

「本当は欲しくない」

という本音が消化しきれずに、そちらの現実が採用されちゃうんですね。

やらなきゃいけないでしょ?

なんだけどね、現実的には、そんな子どもみたいなワガママ言ってられないし。

生活のために働かなきゃいけないし、なんか結婚しなきゃいけない雰囲気あるし、老後は2000万必要だって言われているし。

やらなきゃいけないでしょ?

っていうね(汗)

やらされ感……というか…ね。それが本当に望んでいることだと思うのだけど、だけど、、、けど、、、!!!

一方で、

「やりたいくない」

「それがなくても満たされたい」

「いまのままで受け入れてほしい」

こんな心理がね、埋まっている可能性があるんですよ。

自己否定からの「なりたい自分」

考えても考えても、動いても動いても、望むような現実が手に入らないとき。怖いかもしれないけどね、動くのをやめる。

自己否定が強いときに思い描く、「なりたい自分」というのは、いまの自分を否定したうえで成り立っているのですね。

ここで否定しているのは、状況ではなく、存在の方なんですよ。

  • 仕事が続かないという状況
  • 恋人がいないという状況

こうした状況と、自分が同一化しているので。

  • 仕事が続かない=私には価値がない
  • 恋人がいない=私には価値がない

こんな図式が成り立つんですね。

なので、本当に欲しいのは「私には価値がある」という体感なのに、目に見えるもので埋めようとしても、なかなか欲しい現実が手に入らないのですよね。

穴が開いたバケツに水を入れ続けるようなものです。

過去に切り捨てた未消化の気持ち

穴の開いたバケツを修復するためには、過去に切り捨てた未消化の気持ちを、もう一度、十分に味わう必要があります。

十分味わうには、周りの雑音を消さないと自分に集中できないので。(それを避けるために頭を忙しくしている可能性もあるからね)

外側に答えを求めるのをやめて、一度、頭を静かにした状態で、過去を振り返ってみてください。

自己肯定感の高さ別|取り入れたいアクション

ジュクジュクした心の傷跡に触れるときは、眠くなったり、考えるのを避けたくなったり、怒りが湧いてきたり、といった反応も出ますので。

できそうなところから、少しずつ、やってみてくださいね。

もちろん、私もお手伝いします。

扱いづらい私を好きになる!

HSS型HSP女子の

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!