メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

自分を否定して命を捨てようとした女の子が、大好きな「お茶」で居場所を作った話

こんにちは、ももかです。@momohsphss

今回は、岩手県に住むひじき茶々ちゃんの話をしようと思います。

「ちゃ」多くない?

と思った方、そうです。お茶が大好きな女の子なんですね。

ひじきちゃんは、約2年前にカウンセリングに来てくれました。

その後、期間限定で開催したオンラインサロンに参加してくれたり、ちょこちょこ近況報告のメールをくれたりして、気づけば2年のお付き合いになります。

はじめてカウンセリングに来てくれたとき、過去のこと、変わりたいと思っていることなど、教えてくれたんですね。

そんな彼女が、大好きな「お茶」で居場所を作った話です。

私が生きていると人の迷惑になる

私はね、画面越しに話す姿を見ていて、「なんて健気でピュアで可愛らしい子なんだろう!」と思ったんですよ。

なのだけど。

自分なんて、いない方がいいんだ

って、溺れそうな苦しさを感じながら過ごしていると教えてくれました。

ずっと自分を否定して、「私が生きていると人の迷惑になる」と感じ、命を捨てようとしたこともあったのです。

そう思わざるを得ない経験を、たくさんしてきたのです。

このまま、いつまで生きるかわからない。

むしろ、ここまで生きている予定もなかった。

そう考えるのが当たり前になっているくらい、自分の居場所がないと感じ、ひとりで懸命に毎日を過ごしていたんですね。

大好きな「お茶」の自主企画を開催!

そんな彼女が、なんと!

先日、本格的なお茶を淹れて提供する自主企画を開催したのです!

Twitterやブログで募集して、定員も埋まり、好評だったようで。そんな姿を遠くから見ていて、とっても嬉しくなりました♪

「お茶を通して居場所を提供したい」という、ひじきちゃんの夢。素敵だと思いませんか?

居場所に悩んだ彼女だからこそ、居場所がない人の気持ちがわかる。

自分と向き合う大切さ

で、ひじきちゃんを見ていて、「自分」と向き合うって大切だなって改めて感じました。

印象に残っているのが、オンラインサロンでのこと。

顔出しで対談をお願いしたら快諾してくれて、過去の経験をメンバー向けに話してくれたんです。(私とひじきちゃん以外は画面オフで)

そのとき、「このコミュニティなら、本名で顔を出してみようと思った」って言ってくれて、私はとても嬉しかったの。

信頼して勇気を出して、「ココに実在する生身の私」として話してくれた。

なんか、これって、すごく勇気がいるのだけど。だからこそ、現実の自分に生温かい温度感を感じられるんですよね。

その感覚を通して、

「思ったことを素直に言葉にしてもいいのかも」

「これが好き、あれがやりたい、って言ってもいいのかも」

「つらいよ、苦しいよ、って言ってもいいのかも」

そういう、言葉にして人に伝える恐怖心が、少しずつ解きほぐされていくのです。

この感覚に慣れていくと、

「もう少し、人と関わってみようかな」

「受け入れてくれる人も、いるかもしれない」

っていう、安心感につながっていくんですね。

実在する「私」として気持ちを伝える練習

当時、オンラインサロンの参加条件に「本名を公開すること」を入れるとき、すごく悩んだのですよ。

私のブログの読者さんは、Twitter民が多いから、匿名に慣れているんですよね。

私もインターネットの住民だし。

自分自身が、最初は「モモカ」っていうキャラとしてブログを書いていたくらい、現実の自分をネットに持ち込みたくない人間だったから。

本名顔出しで過去を語るって、けっこう勇気いるの、その気持ちわかるんですよ。

でもでも!

だからこそ!

リアルに実在する「ももか」として言葉を発するようになってから、現実で抱えていた問題も乗り越える勇気が出てきたし、逃げずに自分と向き合うことができたのも事実。

そんな意図があるので。

いまオンラインサロンはやってないけど、変わりに用意しているメルマガもニックネームNGにしているのです。

メルマガに本名で登録するっていうアクションが、すでに自分と向き合う1歩になっている。そんなカラクリです。

「自分で自分の傷を癒した」という自信

だいぶ話が逸れましたが。

私は起業支援はしていないし、インフルエンサーになるノウハウも提供していません。

やっているのは、ひたすら

マインド

メンタル

在り方

この土台の部分を作るお手伝いです。

ひじきちゃんが自主企画をしたのも、居場所を作ったのも、全部、彼女が自分で考えて、自分で動いた結果です。

これが大事なのよ!

「自分で自分の傷を癒してきた」

「自分で自分の本音を拾って叶えてあげられた」

そこから得られる、

「私は自分で自分を幸せにできるんだ」

「私はやりたいと思ったことを形にできるんだ」

こういう感覚を自己効力感と言います。いわゆる、能力に対する自信です。

その土台にあるのが、命に対する安心感。

私は、何もできなくても、この場所に存在していいんだ

どんな私でも、受け入れてもらえるんだ

この世界にいる人たちは、私を傷つけるのではなく、助けてくれるのだ

こうした、自己肯定感。いわゆる、基本的安心感、基本的信頼感です。

ひじきちゃんの活躍を見て、「やっぱりマインドって大事だわ~」と改めて感じた次第です!

これからも、山あり谷あり。

ゆるゆるフワフワ、マイペースに。自由にラフに生きていこう!

さて、お茶飲もうかな♪

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!