メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。当事者の方から相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「肩の力を抜いてラフ(Laugh)に生きる♪」

システム手帳にハマり中。
ミニマルライフを目指したい。

「あなたはそのままでいいんだよ」と言われてイラっとする心理

こんにちは、ももかです。@momohsphss

今日はコラム的な内容でお送りしようかな~と思います。

私ね、ずっと自分のことが嫌いだったんですよ。何をしても自信がなくて、どうにか自分以外の誰かになりたかった。

その当時、拒否反応を示していた言葉が「あなたはそのままでいい」です。

っんな!わけ!あるかいっ!

って鳥肌立つレベルで、心が反発したくなったんですよね。

そのとき、お付き合いしていた彼氏に適応障害やHSPのことを打ち明けたら「ももちゃんは、そのままでいいんだよ」と言ってくれたんですね。

母からも「そのままでいいよ」と言われたこともありました。

でも、私は納得できなかったわけです。

あなたが見ている、そのままの私って何?

自分で自分のことがわからなくて。どうやって扱えばいいかわからなくて、「私はこんな人間です」って説明できなかったので。

「そのままでいいんだよ」と言われると、「あなたが見ている、そのままの私って何?」と思ったわけですね。

相手に自分がどう映っているのかわかれば、私がどんな人間か見えてくるんじゃないかと考えたりしたのです。

だれかに自分のことを説明してほしかった。逐一、細かく、納得できるまで。

で、この考えが発展していくと、今度は「相手は都合の良いように私を見ているんじゃないか?」と考えるようになったんですね。

彼氏や母親は、本当の私を見て「そのままでいいんだよ」と言っているわけじゃなく、彼らが見たい私しか見ていないんじゃないか……

そんなことを考えて冷めた気持ちになったわけ。

どうせ、見たいものしか見ない。なんで、私ばっかり人に合わせなきゃいけないのよ。みたいな。

でも頭の片隅では「そのままの私を見せたい。それで受け入れてもらいたい」って思っている自分も、ほんのり自覚しているんですよ。

「そのままの私」を認められなかった

「そのままでいい」という言葉のニュアンスが、私には

  • 怠ける
  • 手を抜く
  • 努力を放棄する
  • 現状維持に甘んじる

みたいなイメージに脳内変換されてインプットされていたんですね。

  • 失敗する
  • 課題がある
  • できないところがある
  • パッとしない

こうした自分の一面を認められなくて。

いまなら負けず嫌いで意地っ張りで、強がりで恥ずかしがり屋だからって、そんな一面が私にあるのだと言えるようになったけど。(こうして書いていても、まだムズムズするけどね)

当時は、そんな一面を持つ自分は見たくなかったんですね。だれよりも、私自身が「そのままの私」を認められなかったわけ。

何気なく甘えられる人を見ると心がザワザワしたりね。

努力家で向上心のある頑張り屋さん

もしね、これを読んで同じような心当たりがあるな~と思った人はね、努力家で向上心のある頑張り屋さんですよ。

うん、人のことはスラスラと褒められるよね(笑)

「そのままでいい」と言われてイラっとするとき、心が疲れ切っているサインかもしれません。

本当は、なにもせず、のんびりしたい。がんばらなくても大丈夫だって思いたい。もうムリだよって言いたい。

すべて投げ出して楽になりたい。やりたくないけど頑張らなきゃ。

などなど。

いろんな言葉を飲み込んで、「そのままの私」を捨てることで、「そのままの私」を手に入れようとしているかもしれません。

言葉を飲み込んでいることすら、気づいていないかもしれません。

ありきたりだけど、あなたを1番知っているのは、あなたしかいないから。でも、ひとりでは走ることに慣れ過ぎて、スピードダウンするのが難しくなっていると思うから。

一緒に「そのままの、あなた」を見つけるお手伝い、私にさせてくださいね。

それでは~

こちらもオススメ

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力や両極端な二面性による

複雑な生きづらさを紐解き心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!