メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。当事者の方から相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「肩の力を抜いてラフ(Laugh)に生きる♪」

システム手帳にハマり中。
ミニマルライフを目指したい。

【ひとりでできる】カラーセラピーで心と対話しよう

カラーセラピーは日本語で色彩療法のことで、色の刺激から連想を広げ、自己認識を深めるものです。

色に関連するキーワードを自分と対話する手がかりにして、気づいたことや感じたことを整理していきます。

ここではセルフケアができるように、ボトルの画像と各色の解説を用意しました。上手く言葉にできないことがある人や、自分を見つめ直したい人は試してみてください!

概要は下の記事で解説しています。

色と言葉で心を癒すカラーセラピーの奥深い魅力

全体の流れ

今回は基本的な自己認識のワークを行います。

自分がよくわからない、もっと知りたくなったときに自己理解を深めるのが目的なので、特定の課題や問題が思いつかない場合も使えます。

手順

STEP
心の準備

目を閉じてリラックスし、深呼吸を3回する。

STEP
ボトルを3本選ぶ

ゆっくり目を開けたら、直感で気になるボトルを3本選ぶ

STEP
解説を読む

選んだ色の解説ページに飛んでチェック

STEP
自分と対話

気づいたこと、浮かんだことを紙に書いてまとめる

STEP
ヒーリングカラーを選ぶ

意識したい色を1つ選び、日常に取り入れる

ボトルの画像は3枚あります。そのなかから1本ずつ選び、合計3本になるようにします。

  • 好き嫌いではなく、直感で気になるものを選択しましょう。
  • 解説は順番に読んでもいいし、最後にまとめて確認しても大丈夫です。

注意点

カラーセラピーは色占いや性格診断ではありません。また医療行為でもありません。曖昧な刺激に対する連想を利用した、自己投影法という心理療法のひとつです。

用意した各色の解説は一例であり、解釈の仕方は他にもたくさんあります。

当たりはずれで判断せずに、腑に落ちない場合は「なぜ、そう感じるのか?」を問いかけてみると、深層心理に辿り着きやすくなります。

1本目

クリックで拡大できます

上の画像を見て、直感で気になる色を1本選んでください。

次に選んだ色の解説ページを読んでみましょう。

2本目

クリックで拡大できます

上の画像を見て直感で気になる色を1本選んでください。

次に選んだ色の解説ページを読んでみましょう。

3本目

クリックで拡大できます

上の画像を見て直感で気になる色を1本選んでください。

次に選んだ色の解説ページを読んでみましょう。

※左からコーラル/ゴールド/ライム/ターコイズ/インディゴ/ピンク

▼コーラルorゴールドorライムを選んだ方

▼ターコイズorインディゴorピンクを選んだ方

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力や両極端な二面性による

複雑な生きづらさを紐解き心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!