メニュー
プロフィール
ももか
HSS型HSPの心地よい働き方
2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

プロフィール

ももか

1988年生まれ A型

埼玉県在住

日本心理学会認定心理士

簡単な自己紹介

2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

これまでに300人以上の方とお話しました。

\活動初期からの成長記録/

じゃがいも

アイスクリーム

ジブリ映画

ブログやSNSの発信

深い洞察力のある人

アイディア練る時間~過集中を添えて~

これまでの話と活動への想い

働く楽しさに目覚めた16歳

小さいころから自然と友達ができるタイプで、バレーボールとストリートダンスが好きな子どもでした。

働く楽しさを知ったのは16歳で適応障害になり、学校に通えなくなったころ。

薬の副作用で遅刻と早退が増え、部屋に引きこもりがちに。自分を変えたい一心で、心療内科に通いながら近所の居酒屋でアルバイトを始めました。

接客してお客さまと仲良くなったり、がんばったぶん成果が出るのも楽しくて夢中に。

大学で通院を終了すると、アパレル販売のアルバイトに週5で出勤。

お客さまが話しやすい雰囲気になるように工夫して接客したところ、個人予算を毎月達成できるようになりました。

販売員時代のお客さまの声

最下位の落ちこぼれから全国トップレベルの成績に

就活のタイミングでチャレンジ精神を発揮し、営業として就職しました。ところが1年目は全く売れず、最下位の落ちこぼれ。

プッシュ型のゴリゴリ営業が苦手で辞めることも考えましたが、2年目の部署異動をきっかけに心機一転。

お客さまの想いをしっかり聞いて、本音で相談してもらえる存在になろう。そして本当に必要なものを誠実にご提案しよう。

そんな心がけで動いたら全国トップレベルの成績になり、最年少で昇進。が、しかし。プレッシャーと多忙で過呼吸が頻発し、摂食障害も発症。やむなく退職。

その後古巣のアパレルブランドに転職して副店長になりましたが、焦りと不安でメンタルが崩壊して退職。

思いきってフリーランスにチャレンジしたけど、ワークライフバランスはぐちゃぐちゃで生活できませんでした。

HSS型HSPとの出会い「いらない能力と思っていた自分の気質がだれかの役に立つかもしれない」

働く楽しさを感じながらも、自信の無さを仕事の成果で埋めようと執着するワーカホリック状態。どうにも自分が扱いづらい。

「なにやってんだろ…」と途方に暮れ、ひたすら自分と向き合う日々が続いた2017年。HSS型HSP気質を自覚して、100年の眠りから覚めたような気持ちになりました。

病気じゃなかった!

いまで普通だった!

わたしのままで生きよう!

それから同じ気質のセラピストさんに会いに行って、隠していた感覚を全部話したら自然に共感してくれて。生きる安心感をもらったんです。

当時の記事「私の能力か?」と少し考えただけで、こんなに見える世界が変わるなんて!

「同じことを考えてる人、理解してくれる人の存在がこんなに心の支えになるんだ!」と衝撃で。

これまで悩んできたのは同じように悩んでる人に伝えるためだった!

と使命を感じて、ブログで発信をはじました。

すると

読んで涙が出ました

救われました

書いてくれてありがとうございます

続々とメッセージが届くように。

リアルでは共感が得られず寂しくなったことも、インターネットに”記事”という形で手紙を流したら「ありがとう」と返事が来た。

「いらない能力と思っていた自分の気質が誰かの役に立つかもしれない」と心に光が射して。メッセージを読むたびに、わたしも泣きました。

当時の記事普通になりたくて「いらない」と思った能力の使い道

相談サービスの開始、同じ気質の起業家さんの売上アップに貢献

毎日ブログとTwitterを続けて1年ほど経ったころ「一方的な発信だけでなく、直接お話を聞いてチカラになりたい」と考えて相談サービスを開始しました。

すると全国からお客さまが集まるようになり、100%ブログとSNSで集客できるように。

さらに「同じ気質の起業家さんのお役に立ちたい」と思ってブログで紹介記事を書いたところ

申し込みがコンスタントに入るようになりました!

いちばん売上が良かったです!

こんな声をいただけるように。

人生を変えてくれたHSPとインターネットに恩返しをする

HSS型HSPだと腹落ちして「わたしのままで生きよう」と決意し、インターネットで発信をはじめた日から。

何をするにも、いつも読者さん、フォロワーさん、お客さまが見守って応援してくれるようになりました。(泣き虫のため弱音を吐きます)

だから「人生を変えてくれたHSPとインターネットに恩返しをする」と決めたんです。

いまも悩みながら迷いながら、マイペースに進んでいます。

今後はもっともっと楽しく自由に働けるHSS型HSP仲間を増やしたいです!

さいごまで読んでいただいて、ありがとうございました。