メニュー
プロフィール
馬場 桃香
ばば ももか
~働くHSS型HSP女子の「やりたい」が見つかるカウンセリング~

4年の副業期間を経て、2021年に専業カウンセラーになる。
延べ250人以上の相談実績をもち、「体調不良で諦めた仕事に再挑戦できた」「休日にカフェに行く余裕ができた」「好きなことで人との繋がりをもてた」というお声をいただいている。

自己主張が苦手な人も話しやすい雰囲気作りが得意で、「安心する」とよく言われる。

自身は、HSS型HSP気質をこじらせ、16歳で適応障害と診断され、4年間投薬治療を受けた経験がある。
社会人になり、最年少で昇進、全国トップレベルの営業成績を記録するが、摂食障害、借金200万円、ストレスで潰れて仕事が3年以上続かない、という悩みを抱えていた。

2017年に自分の気質が腑に落ち、「そのままの私で生きる!」と決意。同じように悩んでいる人の力になりたいという想いから、心理カウンセラーの道へ。

現在は、埼玉県の田舎からオンラインをメインに、たまに東京出張で対面も実施中。

【ももかの働き方改革物語】貯金ゼロでフリーランスになった女の末路

借金200万円作ってキャッシングを利用したうえに、

家賃が払えなくなって活動終了しました

\(^o^)/オワタ

こんにちは、ももかです。@momohsphss

前回、会社員時代の悩みをご紹介したので、その続きです。

転職して2社目で働いていたとき、ふと「このまま会社員で働き続ける自分が想像できない」って、直感的に思いまして。

正社員以外の道を探そうと、動き出したのです。

そこから半年後に会社を退職して、フリーランスの道に進んだわけなのですが…

この時点で貯金ゼロ。

金なし、コネなし、経験なし。

で、よくあるヒーローストーリーのように、「ここから大逆転!1年後には月収100万円!」みたいな夢ある話に

なりませんでした!笑

なので、今回も失敗から学んだことをお話しようと思います。

うん、始まる前に結論は出てますね。

ももか

貯金しよう!!!

目次

30歳過ぎて正社員で働き続ける自分が想像できない

20代のころから尖っていた、永遠の若手ももか。

「30歳過ぎてレジ打ちしかできない女になりたくない!」なんて思って社会人になったものの、起業したいとか、社長になりたいとか、そんな気持ちは1ミリもなく。

むしろ、大手企業の管理職になってバリバリ仕事するのが夢でした。

ところが、新卒で入社した営業会社で爆速昇進した結果、消耗して心身がぶっ壊れてしまい、

2社目では、とにかくヒッソリ影を潜めようと、

ももか

言われたこと以外やらない。
動いちゃダメよ、ももか!
わかっていても、
動いちゃダメ…
動いちゃダメ…

と、自分に言い聞かせていたのに、また抜擢人事と言われて、転職して1年後に副店長になってしまい。

仕事内容も、社内の人間関係も、とても窮屈に感じて。

勤務中に、ふと

「30歳過ぎて正社員で働き続ける自分が想像できない」

って思っちゃって。

ももか

私の本能が「ここに居たらダメ」と叫んでいる!
とにかく逃げなきゃ!

って、頭に浮かんじゃったんですよね。

こうなったら、我慢できないのが私の性。

頭に浮かんだ次の瞬間には、

じゃあ、どうする?

何ができる?

いまスグできることは?

こんな感じで動くことを考えて、実際に走り出しちゃうんですね。

このときも、すぐに女性起業家の交流会を探して、ソッコーで参加しました。

覚悟ができないまま「お試し感覚」でフリーランスを開始

とにかく正社員以外で働く方法を見つけたかった、当時のももか。

アパレル業界にいた経験と、色が好きだったことから、なんとなくイメージコンサルタントの講座を受けてみたのです。

その講座を受けているとき、上司にポロっと「辞めようと思っていて…」と口を滑らせてしまい、半年後には退職していました。

貯金ゼロで会社辞めちゃった!

この時点で、貯金ゼロ。

  • お金のこと考えるの苦手
  • 過食症で食費がすごかった
  • 売上悪いときに自己負担してた
  • ストレスで衝動買いしちゃう

みたいな、お金の扱い方もボロボロな状態で、貯金する余裕がないまま会社を辞めちゃったんですよね。

【起業】や【フリーランス】って口にするのも怖い

それに、起業、フリーランス、独立って言葉にビビっていて。

いやいや、私、そんなスゴイことできないよ…

自由に働ける環境が欲しいけど、起業って、なんか怖いし…

リスクを最小限にして、雰囲気だけ味わえる方法ないかな?

って感じで、覚悟もなくて。

いまの私からすると、【リスクを取る覚悟ができないままお試し感覚】でやっていた状態だったんです。

「私フリーランスです。」

「私起業しました。」

って言えなかった。言葉にしたら、決めたことになって、動かなきゃいけないから。

いちばん大事な決断を先延ばしにしたまま、とにかく目の前のことをこなしていたのです。

ただ、ただ。

不安をかき消したくて、予定をギュウギュウに詰めて、寝ずに働いていました。

バイト2つ掛け持ちしながら、イメコンの仕事もして、スキマ時間でデートして。

当時のスケジュール帳を読み返すと、真っ黒で息が詰まりますね(^-^;

そんだけ動いても、やっぱりマインドが伴っていないと、(私の場合は)小手先のテクニックでチョロッと成果が出せても、長く続けることができませんでした。

できれば2年分の生活費を貯金してから

ももかが失敗から学んだこと。

フリーランスに挑戦するなら、2年分くらいの生活費を貯金しよう。

もしくは副業で始めて、本業を超えるくらいの額を安定して稼げるようになったら会社辞める。

ただ、お金がない方が燃える人もいると思います。

それこそ、

全財産100円で会社辞めちゃって、金なし、コネなし、経験なしの状態から、1年で月収100万円!いまでは年商8桁継続中!

みたいな、Twitterの怪しいビジネスアカウントのプロフィール欄みたいな成果を出す人も、実際いるんですよね。

圧倒的に失敗したももかに足りなかったことは?

じゃあ、同じような状態でケチョンケチョンに失敗したももかと何が違うのか?

っていうと、【リスクを取って挑戦する覚悟】だと思うのです。

もう逃げ場がない!

何がなんでも稼がなきゃ!

住む場所もなくなっちゃう!

こういう、命の危険を感じる状況になったときに、自分の意思で結果を掴みに行く覚悟ができるか。

私の場合は、どんどん状況が悪くなっているのに、ここの覚悟・決断ができなかったのです。

厳しいこと言えば、ただ流されてるだけだった。(楽してるわけじゃなく、努力の仕方を間違えた)

だから、動けば動くほど、他人に振り回されている感覚が強まっちゃったんですよね。

そんな状況で、お金の扱い方も下手なので。

給料日前、全財産10円

みたいな。

そのうえ過食症で、リボ払いで所持金以上の食べ物を爆買いしちゃう、みたいな。

結果的に、

借金が200万円に膨らみ、カードが使えなくなり、キャッシングに手を出し、家賃が払えなくなって、1年で活動終了となりました。

やってみないとわからないけど「それはアカン!」ってのがある

ここまでドン底になる人なんて、いないと思いますが(;・∀・)

いま起業やフリーランスを考えている方は、ももかの失敗を反面教師にしていただき、しっかり準備することを強く!強く!オススメします。

まぁ、それでも何が起こるか、わからないけどね。

やってみないと、わからないけどね。

ただ、「それだけはアカン!」っていうのがある。ってことです。

それでは~

扱いづらい私を好きになる!

HSS型HSP女子の

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次