メニュー
ブログカテゴリー
プロフィール
ばば ももか
心理セラピスト
心の欠陥や問題を指摘せず、気持ちを「広く深く語るカウンセリング」が得意です。

自分を大切にして楽しく過ごす心の境界線は「自己理解」で作れます。

適応障害・摂食障害経験者
ジャガイモが好きで雨に弱い

【MBTI】4つの指標

MBTIでは、心の機能と態度を4つの指標で捉え、16のタイプとして考えます。

このページでは、MBTIが見ているものを知りたい人のために、各指標について簡単に説明します。

4つの指標は、すべての人がすべて使っています。そのなかでも、利き手のように自然と優先して使うものが人によって違います。

能力的な得意・不得意ではないので、「上手く使えているかどうか」とは切り離して考えます。

また、この指標だけで病理の診断をしたり、職務スキルの適性を知ることはできないので、ご注意ください。

MBTI4つの指標

ものの見方(感覚・直感)

ものの見方は、情報を取り入れる心の機能の指標です。

情報を取り入れる機能は「知覚機能」と呼ばれ、コミュニケーションにおける表現方法にも違いが表れます。

判断のしかた(思考・感情)

人は情報を取り入れるだけでなく、その情報の使い道を判断する機能をもっています。

「判断機能」と呼ばれ、思考と感情という二極があります。

興味関心の方向(外向・内向)

興味関心の方向とは、心のエネルギーが充電される方向とも言えます。

外向・内向という言葉を使いますが、一般的な「外向的な人」という意味ではなく、実際に心の目が向けられている方向のことです。

外界への接し方(判断的態度・知覚的態度)

外界への接し方は、知覚機能と判断機能、どちらを外側に向けているかという指標です。

知覚機能を外界で使うことを知覚的態度、判断機能を外界で使うことを判断的態度と呼び、ライフスタイルの違いに表れます。

モチベーションやコミュニケーションの背景を知る

ここで紹介した4つの指標は、私たちが自然と使っている心の働きについて説明しています。

同じ仕事を選んだとしても、「なぜ、その仕事に惹かれたか?」という動機の部分は、人によって違う。というのは、なんとなく知っている人も多いでしょう。

MBTIの4つの指標は、なぜ違いが生まれるのか?という、背景を知るときに参考になるんですね。

仕事の進め方や、会話の表現方法も、4つの指標をどのように優先しているかによって、違いが生まれます。

こうした心の働きは、モチベーションやコミュニケーションの背景となるので、自己・他者理解に役立ちます。

MBTIの枠組みを通して理解を深めると、人間関係やチームワークに活用できますよ。

MBTIの詳しい説明は、よくある質問と回答集をご覧ください。

性格タイプの基礎知識

この記事が気に入ったら
フォローしてね!