メニュー
ブログカテゴリー
プロフィール
ばば ももか
心理セラピスト
心の欠陥や問題を指摘せず、気持ちを「広く深く語るカウンセリング」が得意です。

自分を大切にして楽しく過ごす心の境界線は「自己理解」で作れます。

適応障害・摂食障害経験者
ジャガイモが好きで雨に弱い

新しく未知の世界に可能性を見出す「ライム」

ライムには再生や可能性という意味があります。

適度な状態だと子どものように無邪気で、自由な発想を持って新しいことにチャレンジしていきます。ストレス状態だと責任から逃れようとしたり、中途半端でものごとを成し遂げることが難しくなります。

新しく始める「ライム」

ライムは黄色の中間にある3次色で、理想やなりたい自分、人に見せている自分を表します。緑よりも黄色が強い明るい色です。

キーワードには次のようなものがあります。

スタート,再生,感受性,子ども,未熟,ありのまま,悟り,リラックス,心の浄化,フィルターの無い

新芽・若葉のように始まりを意味しています。お釈迦様が悟りを開いた菩提樹(リンデンライムツリー)から、心の浄化やリラックスを象徴しています。

可能性とスタート

ライムが適度な状態だと新しいものが大好きで、物おじせずチャレンジしていく存在になります。

黄色の知性とアイディア、緑のバランスと成長というキーワードも含むので、未知の可能性を無邪気に探求し、常に向上心を持って取り組みます。

未知の世界に可能性を感じて突き進み、トレンドセッターとなって時代を先取りします。

一方で新しくスタートさせることに意識が向きすぎて、初心者から抜け出せなくなっているかも。中途半端に手を付けたままで、経験を積んで熟練することが困難になります。

未熟とありのまま

ライムには再生や可能性というキーワードがありますが、『未熟』や『ありのまま』という意味もあります。

失敗を恐れずチャレンジ精神旺盛な人が選ぶ色ですが。いつまでも未熟な自分を否定して、ありのままでいることが難しいと感じる人が選ぶ場合もあります。

子どもっぽい面を否定してワクワク感だけで進むことを恐れているかもしれません。もっと知的にならなければ、成長して大人にならなければ、と思う甘え下手な人も選ぶ色です。

本当は前例のないチャレンジや、ありのままの本音を手放しで受け入れたいけど。社会人だから、親だから、など自分に言い聞かせて我慢しているかも。

逆に甘え癖がついて、自分で決められなかったり、だれかに責任を取って欲しいと感じているかもしれません。

けな気で純粋な子どもの心

新しいことに可能性を感じ、チャレンジ精神が湧くとき、損得よりも純粋なワクワク感があるはずです。

子どものような好奇心で冒険する姿を見て、あなたを助けたいと思っている人が手を貸してくれるのです。それは未熟な部分を「できない子」と評価しているのではなく、一緒に楽しい未来を実現したいと感じているから。

これまでリラックスして過ごせたのは、どんなときですか?考えすぎずシンプルに生きていくために1歩踏み出すとしたら、なにができそうですか?

ありのままを大切にする自分でいられるように、考えてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!