メニュー
ブログカテゴリー
プロフィール
ばば ももか
心理セラピスト
心の欠陥や問題を指摘せず、気持ちを「広く深く語るカウンセリング」が得意です。

自分を大切にして楽しく過ごす心の境界線は「自己理解」で作れます。

適応障害・摂食障害経験者
ジャガイモが好きで雨に弱い

悩みを弱体化する道が教えてくれること

「落ち込むこともあるけれど、私、この街が好きです」

魔女の宅急便で、キキが両親に宛てた手紙の最後に書いたもの。

うん、この言葉を使いたいために記事を書いたといっても過言ではない(笑)

生きていると悩みは尽きないですね。問題は次々訪れる。

「やっと乗り越えた!終わった!」と思っても、ステージが変われば、新たな悩みが生まれる。

悩まない人はいないとわかっていても、できれば、悩みたくはないものです。

そんなとき「まだ悩むけど、前ほどではないなぁ」とか「落ち込むこともあるけど、でも好きなんだよな」と思えたら、悩みが力強いサポーターになるかもしれない。

それが弱体化の道です。

ゼロにするより弱らせる

悩みに好き勝手させるのをやめ、人生を取り戻す決意をしたとき、何度立ち向かってもビクともしないと感じませんか。

問題の結末には「撲滅・解消」のほかに、「影響を減らす・弱体化」という道があります。

すべての悩みを一掃してゼロにするのではなく、問題から受ける影響を減らす(弱体化)という結果も考慮すると、希望が湧いてきます。

解消と克服の違い

解消と克服は意味が違います。

解消:今までの状態や関係、約束などが消えてなくなること。また、それらをなくすこと。

克服:努力して困難にうちかつこと

実は、私自身、少し前まで「解消」を使っていたんですね。だけど、問題が一切なくなる姿を連想させる気がして、使うのをやめました。

克服は、困難な状況を乗り越える意味です。こちらの方が、まだ適切な感じがします。

乗り切ると乗り越える

克服の意味に、「乗り切る」ではなく、「乗り越える」と使われているのがミソです。

乗り切る:乗ったままで向こうまで行き切る

乗り越える:物の上に乗って越え、向こう側に行く

乗り切るとは、人や物が終着点に辿り着いて終了するニュアンス。乗り越えるだと、「よいしょ」と越えて、さらに動作は続きます。

人生に訪れる悩みは、一時的に乗り切るものと、繰り返し乗り越えていくものがあります。

解消してゼロにするだけでなく、影響の受け方を変化させる選択肢も用意しておくと、挫折のリスクを防げます。

生きている限り不都合は生まれ続ける

自己啓発を含めて、メンタルの世界に触れるとき、理想と現実のギャップを埋めるには、上手くいかない原因を取り除く必要があると思いがちです。

  • 自分を輝かせる仕事がしたい
  • 毎日やりがいを感じて働きたい
  • 親子関係を改善したい
  • 自然体の私を愛してくれるパートナーが欲しい
  • もっと自分の気持ちを優先して過ごしたい

こうした願望は、現在起きている不都合を消し去り、違う世界に行けば手に入る。不都合を乗り切る手法を身に着ければ、人生がラクになる。

言い換えれば、不都合が消えない限り、理想と現実のギャップは立ちはだかり続ける。

不都合を探し続ける無限ループ

これは、「目標を低く設定しよう」とか「あるものに感謝しよう」というメッセージではありません。

生きている限り不都合は生まれ続けます。それは、私たちは常に変化していて、ずっと同じ状態ではいられないからです。

人間には成長欲求が備わっているので、適度な不都合は成長の素になりますが、ありすぎると圧を強めます。

  • 1秒も1日も落ち込まない、自分を責めない
  • 親や子どもに一瞬たりとも不満を抱かず溺愛する
  • 365日否定せず愛してくれるパートナーと出会う

こうした状況を手にしない限り、不都合の声が大きく響き続けることになります。

参考:それは誰にとっての問題か?名前の影響力と3つのメタファー

「このままでいいや」なんて思えない

偉そうに解説してるけど、私は解消のために、不都合を探しまくった経験者です(汗)

ずっと自分の扱い方がわからず、診断された病名を手放すために努力してきました。

「このままでいいや」なんて思えなくて、宿題を真面目にこなす学生のように、課題を見つけては取り組んでいたんですね。

問題を解決すれば幸せになれる

当時は全く気付かなかったけど、いま振り返ってみると、根底にあったのは「問題を解決すれば幸せになれる」という思考だと思います。

つまり、いま目の前に存在する問題を乗り切れば、その後の人生では全然違う誰かみたいになれる、と思ってたんですね。

だけど、消しても、消しても、悩みは尽きません。

病気の症状がなくなれば、普通になって欲しいものはすぐ手にはいる、くらいに考えていたかもしれません。(自覚なかったけど)

私は、解消と克服、乗り切ると乗り越える、これらの意味を混同していたんですね。

落ち込むこともあるけれど、私、この街が好きです

ジブリ映画の魔女の宅急便で、キキが両親に宛てた手紙に「落ち込むこともあるけれど、私、この街が好きです」と書いているんですね。

大学生のころから、キキの生活が素敵だなぁと憧れていたけど、私自身は同じように感じることはありませんでした。むしろ、そう思えるようになることが、社会人生活のテーマみたいになってた。

だけど最近は少しずつ、体感する瞬間を見つけられるようになった気がしています。

まだ悩むけど、前ほどではないなぁ

何度も同じような失敗が続き、自分のことを不甲斐なく感じる瞬間があるかもしれません。全然成長してないなと思うけど、悩みの質は変化している可能性があります。

そして人生に訪れる悩みには、短期間で乗り切るものと、繰り返し乗り越えていくものがあります。

問題のレベルをゼロにできるものもあれば、影響の度合いを小さくすることで、「克服した」と感じられるものもあります。

影響の度合いを小さくするとは、「まだ悩むけど、前ほどではないなぁ」と思えるようになること。そして、問題から教訓を経て、次の問題に活かせるようになることです。

弱体化の道は、悩みが力強いサポーターになる可能性を教えてくれます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!