メニュー
プロフィール
馬場 桃香
ばば ももか
~働くHSS型HSP女子の「やりたい」が見つかるカウンセリング~

4年の副業期間を経て、2021年に専業カウンセラーになる。
延べ250人以上の相談実績をもち、「体調不良で諦めた仕事に再挑戦できた」「休日にカフェに行く余裕ができた」「好きなことで人との繋がりをもてた」というお声をいただいている。

自己主張が苦手な人も話しやすい雰囲気作りが得意で、「安心する」とよく言われる。

自身は、HSS型HSP気質をこじらせ、16歳で適応障害と診断され、4年間投薬治療を受けた経験がある。
社会人になり、最年少で昇進、全国トップレベルの営業成績を記録するが、摂食障害、借金200万円、ストレスで潰れて仕事が3年以上続かない、という悩みを抱えていた。

2017年に自分の気質が腑に落ち、「そのままの私で生きる!」と決意。同じように悩んでいる人の力になりたいという想いから、心理カウンセラーの道へ。

現在は、埼玉県の田舎からオンラインをメインに、たまに東京出張で対面も実施中。

自己肯定感と自信の違いとは?努力するほど生きづらくなる理由

こんにちは、ももかです。@momohsphss

自己肯定感とは、自分の存在そのものを肯定する感覚のことです。

「私はこれでいいんだ」と、認めてあげる気持ちなんですが。能力に対する自信との見分け方が難しいんですよね。

がんばって努力するのに、なかなか自分を好きになれない。

苦手なことを克服したり、嫌なことも率先して引き受けたり。「このままじゃダメだ!」と思って、改善点を見つけて。

評価をしてくれる人もいるけど、褒められても素直に受け止められなくて、なんだか生きづらい。

努力するほど孤独感が強まって、より一層生きづらくなっている感じがする。

こうした状態に陥ってしまうのです(汗)

努力するほど苦しくなってしまう人は、自己肯定感と自信の違いを把握しましょう。

自己肯定感とは存在への自信

自己肯定感とは、自分の存在に対する自信のことです。

「なんだよ、自信ってことじゃん」って思うかもしれませんが、自信の種類が違うのです!

存在に対する自信というのは、根拠がなくて良いもの。

存在=命

です。

よく「ありのままの自分を肯定する」と言われますが、つまり、命そのものを肯定できることなんですね。

「私は生きていい」という安心感を意識しなくても感じられることが、自己肯定感が育まれている状態です。

一方で、能力に対する自信は条件付きです。

  • 志望校に合格する
  • ダイエットで減量する
  • 恋人ができる

など。

何かを手にしたり、達成したり、克服したり。努力して変化を起こすことで得られるものですね。

自己肯定感と能力への自信は違う

能力への自信は、さらに3種類に分けられます。

心理学者のエレイン・アーロンは、著書『ひといちばい敏感な子』のなかで、次のように紹介しています。

  1. 外見や体
  2. 社会的能力
  3. 知力

外見・体

  • 自分の体はきちんと動く
  • 仕事をこなす体力がある
  • スキルを身に着けることができる
  • 外見は問題ない

など

社会的能力

  • 友達を作れる
  • 初対面の人ときちんと接することができる
  • グループの中で適切に主張できる
  • グループをまとめられる
  • 家族から友達、社会へと関わる範囲を広げられる

など

知力

  • 現在起きていることが理解できる
  • 少なくとも、ある分野では年齢相応のことができる

など

がんばって努力するほど生きづらくなる人は、能力への自信をつけることで、自己肯定感を高めようとしていませんか?

それから、自己肯定感も能力への自信も、個人の主観なんですよね。なので、自分の基準で「ある」という感覚を掴むものなんですよ。

参考文献

著:エレイン・N・アーロン, 翻訳:明橋 大二

努力するほど生きづらくなる

存在への自信(自己肯定感)と能力への自信の違いを知らないと、条件付きの価値しか見えなくなってしまうんですね。

そうすると、

自己肯定感 < 自信

こんな図式が成立します。

本来はピラミッド状。自己肯定感が土台になる

高学歴・高収入で社会的には成功者でも、内心は自信がないと感じていたりします。

自己肯定感は命の安心感なので、外的な要因(=能力)では代替が効かないのです。

能力に対する自信は条件付きなので、結果ありきなところがあります。

  • 体力がある
  • 見た目がイケてる
  • 頭が良い
  • 仕事ができる

これらは相対評価ですよね。

特定の条件では「価値がある」と感じても、所属するコミュニティや評価基準によって「ある」のボーダーラインが変わります。

一時的に能力の自信がなくなっても、存在への自信(自己肯定感)がしっかりしていれば、「私はそのままで素晴らしい。」と思えるんですね。

そして、再び能力の自信を取り戻せるのです。

自己肯定感を高めるには

自己肯定感を高めるには、条件付きで評価する「能力」に対する努力を探してみましょう。

STEP
マイルールで縛っていること

「~ねばならいリスト」を書き出してマイルールで縛っていることを並べてみてください。

たとえば、こんな感じ↓

  • チームはトラブルなく運営しなければならない
  • 朝は時間通りに起きなければならない
  • 言われたことは1度で理解しなければならない

これらは、能力に対する自信への考え方です。

チームをトラブルなく運営できる=マネジメント能力(社会的能力)

朝は時間通りに起きれる=自己管理力(体の能力)

言われたことを1度で理解できる=理解力(知力)

STEP
自己肯定感の表現に置き換える

次に「~ねばならないリスト」を自己肯定感の表現に書き換えてみましょう。

チーム運営でトラブルがあっても、なくても、私には価値がある

朝は時間通りに起きれても、起きれなくても、私には価値がある

言われたことを1度で理解できても、できなくても、私には価値がある

マーカーを引いたところがポイントです!

できても、できなくても。あなたの存在に対する価値は変わらないのです!

無条件の存在への自信

自己肯定感とは、無条件の存在への自信です。

能力的な「できる」「できない」に関係なく存在していいし、いまの自分で求めてくれる人がいるのだ。

そう思える感覚なんですね。

がんばって努力しても、何をしても自分を好きになれないときは。

何かを克服すること、何かを改善すること、何かができるようになること、という条件を付けずに。まずは

いまの自分のままで価値があるのだ

と、何度も自分に声をかけてみてください。

自己否定の期間が長かった人ほど、新しい感覚を掴むまで時間が必要なので。焦らず少しずつ、くり返し口癖を変えてみましょう。

自己肯定感の土台ができたら、能力の自信を高めるために必要なスキルを身に着ける流れができれば、努力の効果が見込めますよ。

応援しています!

扱いづらい私を好きになる!

HSS型HSP女子の

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!