メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。当事者の方から相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「肩の力を抜いてラフ(Laugh)に生きる♪」

システム手帳にハマり中。
ミニマルライフを目指したい。

サロンについて

サイト名でもあるパーソナルステップには、<個人が1歩踏み出す勇気を持てるように>という意味が込められています。

高い共感力によって自分を好きになれない人が、本来もっている良いところに気づき、軽やかな毎日を送れるように。

カウンセリングや心理セラピーでサポートをしています。

得意分野

HSP/HSS型HSP/エンパス

  • 些細な声や表情の変化に敏感
  • 他者の気持ちに影響されやすい
  • 本当の自分がわからない
  • 好奇心旺盛だけど人目を気にしてスグ凹む
  • 両極端な二面性に疲れる

自己肯定感/自信/感情

  • 自分を好きになれない
  • 弱音を吐くのが苦手
  • 自信がもてない
  • 自分の気持ちを自覚するのが遅い
  • ジェットコースターのような感情に振り回される

対人関係/愛着/依存

  • 人と一緒にいたいけど疲れる
  • 距離感がわからない
  • 好かれると離れたくなる
  • 人間関係をリセットしたくなる
  • とつぜん孤独感に襲われる
  • 親が苦手

ラフに生きる

無理して作った愛想笑いではなく、肩の力を抜いて、自然体で声を出して笑えるように。そんな願いを込めて作った合言葉が「ラフに生きる」です。

この合言葉は、私自身が生活するうえで意識しているものですが。

ブログやメルマガの読者さん、カウンセリングのクライアントさん、関わってくれる皆さんと一緒に推進していくものでもあります。

なので、「ラフに生きるプロジェクト(Laugh Project)」として活動のテーマに掲げています。

Laughは、Smileよりも感情表現の度合いが大きく、顔をクシャっとさせて笑う姿を意味します。

和製英語だと、ラフに着こなす、ラフに振舞うなど「肩の力を抜いて気楽に過ごす」という意味もあります。

相手の反応を気にして、苦手な人ほど好かれようとしちゃったり。空気を悪くしないように、本当は休みたいのに笑顔を作って空元気になったり。

ついに感情を失って、1ミリも笑えなくなったり…といった経験をしてきた私です。

楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい、などなど、どんな気持ちも人間らしく表現できるように。ラフに生きられるように、カウンセリングをしています。

本来の持ち味が活かされること

お話しするときは、病気や障害名ではなく、本来の持ち味としてとらえます。

どんな名称を使うにしても、最も大切なのは、本人の価値観がきちんと反映されることだと考えています。

説明上必要な場合は○○障害、××症候群といった名称を使うこともあるけど。

カウンセリングでお話する際は、「○○障害の人」ではなく、世界でたった一人の「あなた」として接することを心がけています。

実績

HSP気質、HSS型HSP気質、エンパス体質を研究して6年目。相談を受けるようになって4年目。

高い共感力と両極端な二面性を持つ方を専門に230名以上にセッションを実施。オンラインサロンや交流会の企画・運営経験あり。現在は個人相談がメイン。

お知らせ

アクセス

対面カウンセリングは、下記の場所で実施しています。

住所東京都新宿区高田馬場1-31-8
アクセスJR山手線 高田馬場駅 戸山口 徒歩2分
受付完全予約制