メニュー
ブログカテゴリー
プロフィール
ばば ももか
心理セラピスト
心の欠陥や問題を指摘せず、気持ちを「広く深く語るカウンセリング」が得意です。

自分を大切にして楽しく過ごす心の境界線は「自己理解」で作れます。

適応障害・摂食障害経験者
ジャガイモが好きで雨に弱い

本質を見抜き深く愛する「インディゴ」

インディゴには本質や直観という意味があります。

適度な状態だと直観を信じて本質を見抜き、人を深く愛する奉仕の姿勢となって社会と調和します。ストレス状態だと自分を理解してもらえないと落ち込み、言葉で表現することに恐怖を抱いて孤立します。

静かで深い神秘に満ちた「インディゴ」

インディゴはの中間にある3次色で、理想やなりたい自分、人に見せている自分を表します。青の静けさと紫の神秘性を兼ね備えた色です。

キーワードは次のようなものがあります。

本質,知性,深い愛,孤独,直観,洞察,落ち込み,慈悲,追求,恐怖…など

ロイヤルブルーとも呼ばれ、高貴や権威を象徴する色でもあります。宇宙や深海といった、まだ解明されていない多くのことが潜んでいるイメージですね。

本質と深い愛

インディゴが適度な状態だと直観力を活かして本質を見抜き、人を癒したり導いたりする存在になります。

ものごとを理屈ではなくイメージでとらえ、持ち前の想像力で言葉にならない深い部分を読み取ります。スピリチュアルな体験をすることも。

ひとりで知識を追求する時間が多く、ふとした発言によって他者が可能性を見つける手助けをします。もしくは人から理解されずに傷ついた経験や、悲しい体験から存在意義を探しているかもしれません。

ネガティブな感情を含めて宇宙の神秘を感じ、深い愛を持って接することができる人です。

孤立と迷い

インディゴには本質や直観というキーワードがありますが、『孤立』や『迷い』という意味もあります。

理屈や論理だけでなく、可能性や閃きを活かせる人が選ぶ色ですが。理解されないことを恐れて孤立し、現実の仕事や人間関係で落胆して生きづらさを抱えている人が選ぶ場合もあります。

過去に深い愛情をもらったのに、受け取れずに後悔しているかもしれません。

イメージの世界で想像したことを実際のタスクに落とし込むのが難しいと感じて、閉じこもってしまったり。思考の迷宮に迷いやすく、言葉や体験を通して人と接することに不安を抱いているかもしれません。

「いま」を感じよう

思考は簡単に過去や未来を行き来しますが、体は「いま」に留まります。いま、ここにある体を感じることで、現実とのつながりを取り戻せます。

ひとりになってリラックスし、ゆっくり深呼吸してみましょう。胸やお腹の動き、床と足裏の感覚、椅子に面しているお尻の感覚、ひとつずつ確かめてみてください。

あなたの深い洞察力がすでに社会で認められているとしたら、どんなことに活かしたいですか?直観を表現するには、どんな方法がありますか?

本質を見抜き導く自分でいられるように、考えてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!