メニュー
プロフィール
ももか
HSS型HSPの心地よい働き方
2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

HSPの休む罪悪感が軽くなる対策10選|実体験と相談実績からまとめました

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

「また休んじゃった」なんて自分を責めていませんか?

HSPは休むのが苦手な傾向があります。

このまえお客さまと

「無理しないで」と言われると努力を否定された気がして、勝手にしんどくなってた時期あったよね

なんて話してました。あるよね~

マイペースに働くには休息が大事だと言われても、どうすればいいの!?

そんなHSPのために対策を10個まとめました。わたしが実践しただけでなく、300人以上の相談を受けた経験から大事なものをピックアップしています。

できそうなものから取り入れてみてください!

目次

HSPの休む罪悪感を軽くする対策

「がんばったらできる」は無理してると考える

これね認めるの悔しいと思うけど。悔しさを感じるほどがんばったんですよ。

なのでとりあえず仮でね。

「がんばったらできる」と思うことは、一旦「できない認定」にしてみる。

こちらは↓2020年12月のももか

会社員向いてなかった

この一言を口にするまでに、すごーーい葛藤があって。

手を変え品を変え、何年も頑張ったのです( ;∀;)

頑張ればできるもん!すっごい疲れるけど!

2年半しか続かないけど!

3回やって、毎回2年経つと心が死ぬけど!

頑張れば!なんとか!できる!

…いや、それ

できないって言うよね( ;∀;)?笑

「頑張ったらできる」って、「無理すればできる」と同義なのかなって。

「がんばったらできる」と「無理すればできる」は同義

自分を責めるときは必ず「事実確認」をする

お客さまの話でもよく出てるのが

直接言われてないけど、そう言われてる気がする

っていう現象ね。

これHSPがむやみに自分を責めちゃう原因でもあるんです。

この現象は心理的な防衛が働いてるのか、高度に発達した直観力が働いてるのか。真偽をたしかめるのは、かなり慎重にいきたいところなんです。

ていねいに詳細な状況を確認して、そのうえで、「こういう見方ができるよね」という結論にたどりつくので。

なので、自分を責めちゃうときは、必ず【客観的事実】を確認しましょう!

言いたいこと言えても、言えなくても、周りは自分を見捨てないと信じる

境界線引かなきゃ!

言いたいこと言わなきゃ!

という気持ちが強い人ほど、境界線引けなくて、言いたいこと言えない自分を責めちゃうんですね。

こちらのスクショは、先日、継続サポート中のお客さまに、ももかが送ったLINEメッセージです。

お客さまのメッセージ内容から「言いたいこと言えるようにならなきゃ!」と、肩に力が入ってる気がしたので、唐突にポエムを送りましたww

休む罪悪感オバケの正体をつきとめる

休む罪悪感オバケに憑りつかれると、こんな考えが頭から離れなくなります↓

なんで、わたし思うように動けないんだろ……(;_;)

なんで、いつも決めたことできないんだろ……(;_;)

なんで、人に迷惑かけちゃうんだろ……(;_;)

今日も、テキパキ動けなかった。サボっちゃった。言い訳しちゃった。

できること、全部終わるまで、休んじゃいけないのに!

このまま寝てばかりでいいのかな?

仕事しないといけないのに。生活できなくなっちゃうのに。

こちらオバケの正体が必ずありますので。

その正体とは、オバケがあなたを怖がらせることで、見せないようにしているものです。

  • 不甲斐ない自分
  • 負けず嫌いな自分
  • 向上心のある自分
  • 真面目な自分
  • 優しい自分

などなど。

休む罪悪感オバケの正体は、ピュアで愛おしい、健気なあなたの姿だったりしますよ。

「わたしがやらなきゃ」と思うことは、みんなもできる

HSS型HSPの場合は、疲労困憊で不安が強いときほど、動いて不安を消そうとする傾向があります。

ピンチのときほど、自分が率先して動くんですね。

これ、元気なときは、めちゃくちゃモチベーションになるし、ご飯のおかずになるくらい、カオス状態もヤミツキ♡

よっしゃ出番ね!

みんな!わたしに任せて!

と言わんばかりに、超高速スピードでテキパキ動いて、周りから「いつも仕事が早くて助かります!」とか言われるんですが。

パニックになると、ボロボロの特攻隊長のようになり、

アタイ…ガンバル…

ミンナ…マモラナキャ…

と、「わたしがやらなきゃ」モードが強まるんですね。

こういうときほど!

  • 意外と、お願いしたらみんなもできるかもしれない
  • みんな、わたしを助けたくてウズウズしてるかもしれない

そんな風に「かもしれない」に前提を変えてみる。そして、ひとこと

助けて

と、素直にお願いしてみましょ♡

落ち込んだときは自己評価1.5割増のルール

休む罪悪感オバケと、「わたしがやらなきゃ」モードのコンボが決まりますと、終わらない脳内反省会がはじまります。

こういうときって、セルフパワハラ(自己攻撃)もヒートアップするんですよね。

なので、落ち込んだときほど、自己評価を1.5割増しにするルールを設定しておきましょう!

これ、どんなときも発動してくださいね!

そんなことしたら、人生をより良くする努力を放棄したことにならない?

なんて、思うかもしれませんが。

しっかり反省して次に活かすためには、冷静に客観視できる心の余裕が必要です。

なので、落ち込んだときは自己評価を1.5割増にして、引きずる時間を短縮させて。

そのあと、冷静になってから、しっかり振り返って反省して、次に活かせばいいのです!

人は失敗と欠点で愛されると知る

人前で弱ってる姿を見せられない

傷ついてることが人に伝わらない

本当の苦しさを理解してもらえる気がしない

こうした言葉は、こじらせHSS型HSPからよく聞きます。

っていう、わたしも盛大にこじらせたので。漏れなく、同じ悩みを抱えてました。

だけど、少しずつ、少しずつ。

弱い自分、できない自分、失敗した自分がいてもいいのかもしれない。

それでも、周りは簡単に見捨てないし、離れていかないし、むしろ喜ぶかもしれない。

そう思うようになってから、「伝わらない」と悩むことも減りました。

ええか、学歴が良くて仕事ができる人間ほど、よーく勘違いする。強みで愛されるってな。

だどもな、真実はむしろ逆や。

弱みがあるからこそ人は愛されるんだべ。

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

迷ったら心が軽くなる方を選ぶ

ももかがどん底だったとき、どうしても「苦労癖(くろうへき)」が抜けなかったんですね。

「楽して楽になったらいけない」

「わたしは苦労しなきゃいけない」

「歯を食いしばって死ぬほど努力した人が楽になれるんだ」

「たのしそうにしたら嫌味言われるぞ」

なんて、これまた得たいの知れないナニカがささやくんですね。

そんなどん底時代に、ある友人が教えてくれた言葉が

迷ったら心が軽くなる方を選ぶ

その当時は、全然ピンとこなかったし、どうやればいいかも、わからなかったけど。

小さく、じんわり頭に刷り込まれてたみたいで。

ちょっとした選択でも「心が軽くなる方かぁ~」って、なんとなく頭に浮かべながら動いてました。

いま振り返ると、少しずつ習慣がついてきたんだなと思います。

「いつかの未来」ではなく「いま」やりたいことをやる

HSS型HSPの好奇心は、HSSの「新奇性探求」という、性格特性が影響しています。

これは、新しくて珍しいことを体験したい欲求なんですが。

ここに、HSPの変化を恐れる恐怖心が重なると、変なところで保険かけようとして、ビビり散らかします。

ノリと勢いで新しいチャレンジをしたあとに、

「やっちまった~」

と、激しく自分を責めるんですね。

で、だれに言われたわけじゃないけど、怒られるまえに、自分で自分を怒るww

この経験が重なると、動くこと自体が怖くなります

そして当たり障りない、常識の範囲で、周りに迷惑かけないように、目立たたず騒がず、ひっそり。

気配を消して、ひとりで「やりたいこと」をやろうとします。

そんで、内心では

「いつか、ビックになってやる!」

「わたしの実力はこんなもんじゃねぇ!」

「もっとハードな課題よこせ!」

なんて思うけど、いざハードな課題にチャレンジするときに

いえいえ、めっそうもございません!

拙者、まだまだ修行が足りませぬ…

まだ果たしきれぬ任務がありますゆえ!

とか言って、「いつかの未来」におあずけしちゃう。

なので条件つけずに、「いま」やりたいことをやるのです!

頭の静けさのなかで自分に戻る

ある日とつぜん、電池が切れたようにプツンと動けなくなる

人と話したあと、エネルギーを全部持ってかれた感じでぐったりする

こんな現象に悩んでる人は、ぜひ頭のなかの静けさを体感する練習をしてみてください!

頭のなかの静けさを体感する

これは、ももかがエニアグラムを専門的に学んだときに、ワークショップでずーっと言われてたことです。

だがしかし、まったくピンとこなかったwww

頭が静かな状態って、どゆこと????

って思ってました。

それがワークショップでいつも瞑想する時間があって、慣れてきたのか。

あるとき、3日くらい、ただただボーっとして、なにも考えずに過ごすことができたんです。

「これが頭の静けさか!」って、はじめて体感した。

それから、オーバーヒートしてもすぐ回復できるようになったし、心の深い部分にも触れることができるようになった。

寝る前とか、なにもしない。

ただベッドに寝転がって、天井を見上げて神経を鎮める。

そうするとね、昼間に活動しているときでも、頭が静かになる体の感覚とか、気持ちの部分とか。

普段リーチできないような内側の深い部分に触れられるようになる。

心の深い部分に触れるコツ

おすすめは、動と静の瞑想です!

HSPなままでラクになるから大丈夫♡

いまは右も左も、前も後ろも、どうにも進めなくてお先真っ暗かもしれません。

人と仲良くなっても、仕事で評価されても。

いつも見捨てられ不安がつきまとって、心細くて不安でいっぱいの毎日かもしれません。

お金も仕事も「やろう!がんばろう!」と思うほど、なぜか体調を崩して、ストレスで限界を迎えて、強制終了しちゃう。

そんな状態でも。楽しく心地よく暮らせるようになります。

それはオカシイ自分を隠して、普通の人になるためにエネルギーを注ぐのではなく。

わたしは、わたしのままで

HSPなわたしのままで

お金も仕事も人間関係も、毎日の暮らしも

なにかを改善して自分を「なかったこと」にして合わせるんじゃなくて

自分が「これだ!」と思ったことを形にして、やればやるほど満たされる。そんな毎日が来ます。

今回紹介した対策を参考に、できるところから取り組んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次