メニュー
プロフィール
ももか
HSS型HSPの心地よい働き方
2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

アフィリエイトに向いてないと気づいたとき

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

ブログ書いて広告収入だけで稼げたら、時間にも場所にも縛られず自由に生活できるだろうな…

よし!WordPressサイトを用意してライティングの本買って!

本業を超えるくらいの収入になったら会社辞めてやる!

と思って、挫折しました。

キーワードのボリュームを調べて、必要なPVから逆算してSEOライティングをする

こういうガチガチのアフィリエイターになれなかった。

キーワードのボリュームがあるってことは、顕在化されたニーズをもとに大衆に寄せてくイメージありません?

検索ボリュームがあるってわかってる。需要があることも理解できる。

でも、心が躍らないんだーーーーー!!

「需要があるから」だけで書くと全然熱が乗らなくて、愛着もてなくて消すハメになる。

目次

がら空きのクエリに萌える

むしろ、ですね。

キーワードツールで調べると数字が出てこないような、がら空きのクエリを見つけたときが萌えるんですよね!

しかも、次の条件が揃ったとき限定

  • すでに上位表示されてる記事に対して「そうじゃないでしょ!」ってモノ申したくなるアンサーを持ってる
  • まとまった時間をかけて、情報整理して、伝えたいこと盛り盛りに入れたい!ってなる
  • だれになんと言われようと、自分が「こうだ!」と思う考えをもってる

これ、当たれば大きいんだけど、量産できないのが欠点なのです。。。

すでにみんなが「いいよね!」「それわかる!」って知ってることを改めて書くよりも

一部の人しか知らないこと

むしろ、みんな気づいてないだろうけど教えたいこと

こっちの方がワクワクする。

稼げると頭でわかっていても、数字のために記事を書くモチベーションが湧かなくて、むり。

案件ベースで記事が書けない

少ないPVでもアフィリエイトで高単価の案件を扱えば、月30万くらい稼げるかな!?

と思って。

ASPに登録し ⇒ 使わなくなって退会

これ3回くらい繰り返した。(不安になると焦って、どうにかしたくなる)

クローズドASPの営業メールも来るけど

「稼ぐために」

「お金のために」

そこのモチベーションで案件探して紹介記事書こうと思うと、頭が真っ白になって手が止まる。

なんなら、ASPの検索画面見てるだけで気持ち悪くなる(末期w)

やり方が間違ってるのかな?とか思って、何度も何度も、挑戦したのだけど。

無理だった!!

じゃあ、商品紹介向いてない?っていうと、そうじゃなくて。

自分が実際に使ったり、体験したことで、本当に心から「これいい!!みんなに教えたい!!」と思ったものを紹介すると、めちゃくちゃ反響あるんです。

むしろ、広告出してない企業の方が紹介したいサービスを扱っていることが多くて。わたしが勝手に書いて、それをご本人が見てくれて、とても喜んでもらえて。

そこから個人的なお付き合いに発展して、いろいろ仕事の話したり、逆に紹介してもらったり。そんなつながりが生まれました。

数値目標を意識すると動きが止まる

数字を追うこと自体は好きなんです。

データ取って分析したり、売上目標設定したり、そこから仮説を立てて…とかも、好きは好き。

でも「お金稼ぐために数値目標を達成しなきゃ!」って思うと、まぁ動きが止まる。心も止まるwww

そうやって書いた記事って、読者さんにも意図が透けるので、反応もイマイチだったりするんですよね。

なにより、自分で自分のやってることが「いい」と思えないから。

書いた記事を粗末に扱うようになって、バッサバッサ削除しちゃって、なにも残らない。

消耗感と「できなかった」っていうガッカリ感だけ残る。

PVが伸びてるときはいいけど。長い目で見るとマイナス。

どんどん

こんなの書いても意味ないんじゃない?

もっとライティングスキルを身につけなきゃ!

とか。

文句が増えて、テクニックでどうにかしようとして、それが記事から滲み出て楽しめなくなる。

お金も反応も気にせず「好奇心」だけで書いた記事がいちばん反応ある

そんな感じで挫折したけど。

反応気にせず、「伝えたい!」っていう楽しさだけで書いた記事がいちばん反応あります。

あとは、かっこわるいなと思ってる失敗談とかね(今回の記事もそれ)

なので、頭で理屈こねて、熱量が全然ともなってない記事よりも

ぶきっちょだけど、言いたいことぶちまけて「読者さん、ちょっと聞いてよ~!恥ずかしい話なんだけどさ~」って書いた記事とか。

「誰得?って感じだけど、めっちゃオススメの商品見つけたから、ちょっと1回手を止めて聞いてくれない!?」って書いた記事とか。

そういう記事は、めちゃめちゃ反響があって。

2~3年経ってもPVの流入があったり。あとからキーワードチューニングできる記事に育つ。

そして、何より。

わたしのキャラクターに興味をもってくれる読者さんと出会えて。ブログのファンになってくれて、必要だなと思った人がサービスも購入してくれる。

ブログの広告収入についての考え方

ブログが人気出たころ、企業からPR案件も来て「記事書くだけで生活できるんじゃない?」とチャンレンジしたけど。

やってみて、わたしは広告収入1本で生活するスタイルは向いてないなと思って諦めました。

本当に良いと思ったものしか紹介したくない!

トレンドに乗っかって記事書くの楽しくない!

ってことで、ブログで生活するなら必須の高単価アフィリエイトに全力出せなかった。

ももか

だったら自分で納得いくサービスを作って、それを紹介しよう!

と思い、それが起業になると知らずにww

結果的にそうなりました。

いまは、自分のサービスが収益のメインで広告費はオマケです。

いま、このブログはGoogleアドセンスと、Amazonアソシエイトを利用しています。

貼ってる理由は、生活費が欲しいからじゃなくて、広告があった方が読者さんのためになると思っているから。

自分のサービスでは、すべての悩みをカバーできないので、読者さんが必要なサービスを見つけるきっかけになったらいいな。

っていう理由で、アドセンスを貼ってます。(面白い求人広告出てきたりして、自分で見ても楽しい)

Amazonは、本を紹介するときに、ビジュアルがあった方がわかりやすい。著作権で画像使えないし、わざわざ検索しなおすのも面倒だから紹介リンクを貼っている

そんな感じです。

一時期は、アドセンスも「自分で使ってないのに紹介できない!」とか毛嫌いしてたけど。

いまは考え方が変わって、ブログが企業と読者さんの橋渡しになればいいな。っていう気持ちです。

今後、また方針転換して「全撤去するわ!」とか、なるかもしれないけどww

いまのところ、そんなスタンスです。

広告収入よりも読者さんに愛されるブログを作る方法

わたしは専業アフィリエイターは挫折したけど、少ないPVでファンが生まれるメディア作りは得意でした。

自分の分身みたいなサイトを作って、愛されるメディアに育てて、そこから人とお金の流れを作る。

こんな流れ

  • 「自分が稼ごう」という気持ちを捨てる
  • 「読者さんに伝えたい!」と、惜しみなく情報提供する
  • 読み物として面白い、独自性のある記事ができる
  • キャラクターに興味をもってもらえる
  • 個人的なつながりができる
  • 必要な人が自分のサービスを購入してくれる

詳しいやり方はこちら↓

わたしの”しくじりエピソード”が、どなたかの役に立てばうれしいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次