メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。当事者の方から相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「肩の力を抜いてラフ(Laugh)に生きる♪」

システム手帳にハマり中。
ミニマルライフを目指したい。

甘え上手な人を見ると心がザワザワするのは「1人でがんばる」を手放すとき

こんにちは、ももかです。@momohsphss

自分でやろうとせずに、なんでも人に頼ろうとする。本気で取り組んでる様子も見えなくて、なんだか都合よく問題を人に押し付けている気がする。

そんな人に出会うと、甘え上手でいいなぁ……と思う反面「楽してる!私ばかり損してる!」と思ってしまう。

ひとりで頑張ろうとしてきた人ほど、甘え上手な人を見ると心がザワザワしちゃうんですよね。

でね、心がザワザワしていることに気づいたら、それは「もうそろそろ、ひとりで頑張る、手放してみない?」という、自分からのメッセージなんですよ。

甘え上手な人を見るとイラっとする

だれかに頼ることを固く禁じて、弱音を吐くことも我慢して、なんでも自分でやってきた。

だからこそ、「頼れる人」という評価が得られるのだけど、なんだか心にポッカリ穴が開いている感じで、頼られるほど寂しさも増してくる。

ももか

うん、過去の私です

私の場合はね、実際は、たくさんの人に助けられて、フォローしてもらって、そのうえで「頼れる人」という評価を得ていたのだけど。

「ひとりでやらなきゃ!」

「自分でできるようにならなきゃ!」

という考えで頭が支配されていると、助けてくれる人の存在が見えなくなっちゃうんですよね。

助けてくれる人から逃げたくなる

「ひとりでやる」というマイルールを固く握りしめているので、助けてくれる人が表れると、身体にギュッと力が入って、防御態勢になるんです。

だって、その人は、がんばって守ってきたマイルールを壊そうとするから。気を抜いたら、ダメダメな自分が溢れて止まらなくなりそうで。

「必要ないよ!」

「近寄らないで!」

って、心のなかで距離を取りたくなっちゃう。

いま振り返るとね、自分がそんな状態で、甘えること、頼ることを固く禁じていたから。甘えられるとイラっとしちゃう。

甘え上手で、ちゃんと頼りながら生きている人を見ると、なおさら「あんな風になっちゃダメ!」と自分に言い聞かせているところがあったな~

と思います。

「そのままでいいんだよ」とか言われると、さらにイラっとする

「そんなに頑張らなくていいんだよ」と言われると、寂しくなる

こういう言葉を投げかけてくれるのは、助けてくれる人、力を緩めようとしてくれる人、なんだけど。自分のことを否定された気持ちになっちゃうんですよね(:_;)

ダイエット中のケーキ理論

いま、命名してみました(笑)

ほら、ダイエット中に「甘い物食べない!」と強く自分に言い聞かせて、どうにか甘い物を遠ざけて、視界に入らないように頑張っているとき。

目の前で美味しそうにケーキを食べられたらイラっとするじゃないですか。

「美味しそうだな~。いいな~。羨ましいな~。」

なんて思いながら、

「私は、こんなに我慢しているのに。あの人は気にせず食べられるんだ。」

そんな日が続くと、

「私甘い物、好きじゃないんだよね。体に悪いし、太るためにお金払うなんて、バカバカしくない?」

とか考えるようになって、ケーキが必要ない理由を考え始めるのね。

で、さらに、そんな時期が続くと、

「私、もともと甘い物好きじゃないから。」

って、本当は好きじゃなかった説を採用するようになる。

なんだけど。

いちばん最初に感じていた、「美味しそうだな~。いいな~。羨ましいな~。」という気持ちは満たされていないので

必要ない!と思いながらも、堂々とケーキを食べている人が気になって、イライラしちゃう。

心のザワザワに気づく

この記事のタイトルにピンときた人、甘え上手な人を見て心がザワザワしていると気づいた人。そんな、あなたは、すでに1歩踏み出しているんですよ。

「あれ?私、イライラしてるんだ」

「このザワザワする感覚は、甘え上手な人を見たときに発動する」

こんな感じで、自分自身の反応をキャッチできている、ということですから。

うっすら、遠くの方で、本音が見え隠れしていることに気づいていると思うんですね。

きっと最初は、イライラしたり、感情が刺激されていることも自覚がなかったのではないかな?どうですか?

甘えたいな、でも、できないんだよな。頼りたいな、でも苦手なんだよな。

そうやって葛藤が生まれていることに気づけた。というのは、とても大きな1歩をすでに踏み出している証拠なのですよ。

「1人でがんばる」を手放す

甘え上手な人を見ると、イラっとしている自分に気づいたら。「1人でがんばる」を手放す流れがきている…かもしれない。と、ちょっとだけ考えてみてください。

なかなかね、一筋縄ではいかないだろうし、甘えること・頼ることを長年封じ込めていると、最初は加減がわからなくて恐怖心も出てくると思います。

なので、まずは「かもしれない戦法」がオススメですよ。

恐怖をすり抜ける「かもしれない戦法」

だれかに甘えてもいい……かもしれない

頼っても人は離れていかない……かもしれない

1回くらい手を抜いてもいい……かもしれない

そんな風に仮説を立ててみるのです。これができたら、仮説を検証してみましょう。

「頼っても人は離れていかない……かもしれない」ということにして、それが本当かどうか検証してみる。

そして、思いついたことを試してみます。

ここで「思いついたこと」というのは、おそらく普段から「やりたいな、でも、できないな」と頭のなかでグルグル考えていたことが、候補に並ぶと思うんですね。

それを実行してみる。

もし、身近な人で試すのが怖いときは、カウンセラーも使ってみてくださいね。

「手放す」というのは、ジワジワ、ジリジリとした下準備があるからこそ、タイミングが来たときにストンと腹落ちして「もういいや」と手放せるものなので。

少しずつ、少しずつ。やってみてください。

大丈夫、現実は想像よりも、ずっと優しいよ。

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力や両極端な二面性による

複雑な生きづらさを紐解き心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!