メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。当事者の方から相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「肩の力を抜いてラフ(Laugh)に生きる♪」

システム手帳にハマり中。
ミニマルライフを目指したい。

肩の荷を下ろして「そのままでいい」を体感する

こんにちは、ももかです。@momohsphss

ずっと自分のことがわからなくて、嫌いなところばっかりで。具体的にどこが嫌いかと言われると「存在」と答えたくなるほど、自分が好きになれなかった私です。

そんな状態だからね、努力はすべて自己否定から始まるわけですよ。

  • いまの私じゃダメだから
  • このままだと将来が不安だから
  • 上手くいかないから

でも自己否定を自覚しているか?っていうと、意識のうえでは「私はできる」とか「無理って言ったらいけない」とか、そういう前向きっぽい言葉になっているんですね。

だから、「そのままでいいんだよ」とか「無理しないで」とか言われると、努力を否定された気がしてイラっとしてました。

何者にもならなくていい、そのままでいい

とはいえ、自分と向き合うなかで、6人のカウンセラーさんにお世話になったり、だれかに相談したり。

いつも心に響いて涙したのは「何者にもならなくていい。そのままでいい。」というメッセージを受け取ったときでした。

私の心が癒されていったのは、確実に「そのままでいいんだよ」というメッセージを送ってくれた人たちのおかげです。

心理の仕事をしようと決めるまで、すごく葛藤があった話をしたんですが。

振り返ってみると、私はちゃんと「おかしくないよ、それでいいんだよ」っていうメッセージをもらっていたんですね。

だけど長年握りしめた、努力して何かを手にしなければ存在価値がないという考えを手放せなくて。腹落ちするまで7年かかりました。

少しずつ、少しずつ

あれ?そのままでいいのかも?いまのままで、問題ないのかも?そのままの私で、すでに愛されていたのかも?

っていう小さな気づきを重ねて。

いじけて聞く耳を持たなくなったインナーチャイルドを癒し、自分で自分を抱きしめられるまでに成長しました。

よく頑張ったね。

これまで、いろんな言葉を使ってきたけど。

きっと私が伝えたいのは、肩の荷を下ろして「そのままでいい」を体感すること。そのままでいいわけあるかい!!って、盛大に受け取り拒否しまくって、こじらせまくった私だから。

自分の存在を否定して、空っぽになるのが怖くて、努力して付け足すことで安心しようとして。

がんばれば、がんばるほど状況は悪くなって。もうダメだ……と辿り着いた場所は「そもそも必要なかった」という世界。

想像よりも現実は優しかったよ。愛情いっぱいだったよ。あったかいところだったよ。

そんなことに気づけた。

ここまで辿り着けたのは、話を聞いてくれたカウンセラーさん、応援してくれた読者さん、関わってくれた人たちのおかげです。

だから今度は。今度は、私が「そのままでいいんだよ」っていうメッセージを届ける人になりたいと思いました。

あなたは、そのままで素晴らしい。がんばって努力しているところも、自分を責めちゃうところも。ぜんぶ、ぜんぶ持っていていいんだよ。

たくさん背負った荷物を下ろして。その荷物で身を守っているからね、身軽になるのは怖いかもしれないけど。

よくがんばったね。たくさん悩んだね。

いまは前も後ろも、右も左も見えないかもしれないけど。

あなたは、何者にもならなくていい。あなたのままで素晴らしい、ステキだよ。大好きだよ。

そんなことを体感してもらえるようなカウンセラーになると決めたのです。

うん、いままでも考えていたことだし、そういう気持ちでカウンセリングをしていたけれど。ちゃんと自覚して、堂々と伝えていこう!と思ったのです。

いちばん拒否反応を示していたことが、いちばん求めていたことだったんですね。なんだかムズムズします(笑)

とにかく、あとはコツコツやるだけです!

それでは~

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力や両極端な二面性による

複雑な生きづらさを紐解き心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!