メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
HSS型HSP気質。適応障害・摂食障害経験者。中学生のころから過呼吸持ち

両極端な二面性の扱い方に悩み、自信がないのに集団には溶け込めてしまうため、限界を超えて過活動になり、燃え尽きとオーバーヒートをくり返していました。

自分を知ることで感情が癒され生きやすくなった経験から、複雑な生きづらさを抱えている人の力になりたいと思い、カウンセラー活動をしています。

自分を知るって、どういうこと?

自分を知るとは、どういうことでしょうか?

最先端の科学技術を使って脳波を測定したり、決められた尺度で数値を比較したり、詳細に記載された診断結果を読んだり。

素早く!的確に!劇的に!

圧倒的情報量と、どこよりも正確で、エビデンスで証明された実績のあるやり方で。

ズバッと!スッキリ!一気に!

問題の解決策が手に入ったら、とっても助かりますよね。道に迷っているときは、喉から手が出るほど欲しくなっちゃう。人生のマニュアルのようなもの。

私もね、心のどこかで、そんなマニュアルを探していたんだと思うの。

だれかがズバッと

「これが、あなたでしょ。こうすれば、うまくいくんだよ。ここが問題だから、うまくいかないんだよ。」

そうやって説明して、連れて行ってほしい。

なにをしても、どっちの方向に行っても、すぐ行き止まりになってしまって。打つ手がない!お手上げ!って思っていたから。自分の人生に嫌気がさして、それでも前に進まなきゃいけなくて。

だれかが説明してくれたタイプの特徴を読んだら、そこに答えが乗っていると思っていたんですね。

たしかに参考になったことは、いっぱいあった。「なるほど!そうか!私はこれだった!」と、自分を見つけた気持ちになったことも、たくさんありました。

ブログや本、YouTube。一方通行の情報収集で、自分なりに生活を工夫しながら、どんどん現実的な問題に立ち向かっていった。

だけどね、ひとりでは限界もあったんですよね。

自分を知るには他者が必要

本当の意味で自分を知るには、他者の存在が必要でした。きっと私の課題は、

  • 信頼する
  • 大切にする
  • 愛する
  • 許す
  • 受け入れる

といった心に関するテーマだったから。

単純に詳細な答えだけ手渡されても、そこからトラウマ、依存、コンプレックス、人との距離感、愛着、といった心理的な根深いところまでは、自力で癒すことが難しかったのだと思う。

だから、人との関わりのなかで、生身の人間たちとの交流のなかで、自分を見つけていく必要があったんですね。それは紙とペンだけでは得られなかった生々しい感情と体感の連続。そして、圧倒的に傷の癒しが進んだんです。

私はね、HSPの自分を理解するとともに、非HSPの素晴らしさ、優しさ、繊細さにも気づいてほしくて、気質の話をしたい。

あなたが自分自身の優しさを自覚すると、表現方法は違うかもしれないけど、非HSPも一生懸命で、優しくて、温かい存在だって見えてくる。

そうやってね、すべてのタイプ。性格タイプ論ね。

内面に名前をつけて分類するわけだけど、違いを知るだけじゃなくて、同じなんだってことを伝えたいなって。

ももか

現実は、この世界は。想像よりも優しいところだよ

自分に意識を向ける時間(プロセス)

だから、自分を見つけるプロセスを大切にしています。自分に意識を向ける時間、道のり。

ひとつの結論を出すことを否定するわけじゃなく、それも大切にしながら。どっちか、じゃなくて、どっちもね。

最初から決めつけてしまうと、防衛とか、トラウマとか、社会的な役割とか。心の苦々しい傷に触れないように、自分を守るために、巧妙に仕掛けられたもっともらしい理由によって、簡単に「都合の良い結果」に辿り着きます。

都合の良い結果が必要な時期もあるし、「もっと違う結果がある!いま見えているのは、欲しい結果じゃない!」と言って、本来受け取るべき事実を拒否しているときもある。

そうした迷い、苛立ち、後悔、ぜんぶひっくるめて自分を知るということです。

こうやって言うと

「ブログやメルマガ読んじゃいけないの?」

「ノートにまとめているのに、間違っているの?」

みたいに感じる人がいるかもしれない…なんて心配してるんですが(汗)

情報収集がダメとか、ブログ読むだけじゃ意味ないって言いたいわけじゃなくて。

もう、そこは思う存分、穴があくほど、何度でも、気が済むまで読んでほしい!!

そのために、このサイトを作っていますよ。

ももかの得意分野

自己理解、強み弱みを知る、得意を伸ばすといった領域は、ビジネスや占いなど、いろんな分野で取り入れられるけど。

私が扱うのは、やっぱりカウンセリングに応用することだなって、改めて思った次第です。

私自身は、気質・性格の特徴から自分を見つめ直すことで、

  • 依存・執着
  • 対人関係
  • コンプレックス
  • トラウマ
  • 愛着
  • 親への怒り
  • 仕事(やりたいこと)

といったテーマに対して取り組んできたので、この辺りの話が得意です。

このブログは心の救急箱を目指して作っていて、ブログを読むだけで1歩進めるように願って書いています。

自己否定や自分責めの材料にならないように。枠に押し込めて、ステレオタイプなイメージが蔓延しないように。個別ケースに関しては、まわりくどい言い方もしています。

もし「私の場合はどうなの?」とモンモンとしてきたら、カウンセリングで一緒に紐解いていきましょう。

それでは、ごゆっくりどうぞ♪

扱いづらい自分を好きになるメルマガ

両極端な二面性と複雑な生きづらさを紐解き、自分らしいライフスタイルをデザインする方法

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!