メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

頼られない不安から「私いなくてもいいのかな」って寂しさが消えません

仕事を依頼されたり、相談されたり。

いままで頼りにされていたのに、なんだか最近、私がいない場所で解決しちゃって。私なんて、本当はいらなかったのかな……

いなくてもいいのかな。

自分の力で人を救えてると思っていたけど、実際はそんなことないんだよね。

私って、いつも誰かに頼りっぱなしで。無力で、ちっぽけ。なんだか仲間外れになった気がして、寂しさが消えない。


こんにちは、ももかです。@momohsphss

今日は、頼られない不安を抱えている方へ、メッセージを書いてみたいと思います。

ポイントは、

  1. 無力感
  2. 自信のなさ
  3. 自己価値の低さ

こうしたキーワードですね。

「あなたは必要ないよ」と言われた気がする

ちょっと私の話になりますが。

はじめて派遣事務をしたとき、半年の短期契約からスタートしたんです。

派遣を入れる企業さんの多くは、人手が足りないから、部分的に業務を手伝ってくれる人材を探しているわけですね。

私が派遣された企業も、社員の方だけでは全然仕事が追いつかなくて、手付かずの業務がたくさんあって。

で、私は持ち前の飲み込みの早さで、どんどん業務をこなし、ついに社員さんも暇を持て余すくらい、状況が改善したんです!

私にとって、

仕事を頼まれる

やることがある

そんな状況がとても「やりがい」だったのです。

現場の社員さんが評価してくれて、人事部と交渉してくれて、契約の延長も実現しました。

ところが、急に会社の方針が変わり、新たに新入社員が配属されてきたのです。

私の仕事は、次々に新人さんが引き継ぐことになりました。そして、契約も終了になりました。

もうね、このとき、私はと~っても寂しかった!!(笑)

契約期間に翻弄されたことも、歯がゆさを感じる、ひとつではあったけど。

それよりも、

・頼りにされていたのに、仕事を奪われた気がする

・自分の存在が蚊帳の外になっている感じ

・自分が知らないところで話が進んでいて寂しい

・「あなたは必要ないよ」と言われた気がする

みたいな。

正社員で仕事を抱えすぎて消耗したので、頭では、「仕事が減ってラッキーじゃん!テキトーにやればいいじゃん!」とか思うのですが。

心にポッカリ穴が開いた感じで、気持ちの方はズキズキと古傷が痛むんですね。

頼られない不安と自信のなさ

心理学的には、頼られない不安は「自信のなさ」が反映されている、と考えます。

  • 力になりたい
  • 貢献したい
  • 喜んでもらいたい
  • 協力したい

こうした気持ちは、愛情深く、他人の気持ちを最優先に考える人が抱きやすいのですね。

それ自体は、とっても素晴らしいことだし、周りの人も感謝していると思います。救われた、助かった、と感じている人も、たくさんいると思います。

でもですね、「頼られたい」という気持ちが、自己価値の低さを埋めるために使われると、相手の反応がないと不安になってしまうのです。

これだけ面倒見てるのに、なんて素っ気ない態度なの!?

思ったより嬉しそうじゃなかったな。対応間違っていたかな?

な~んて考えるようになって、

もっともっと、喜んでもらわなきゃ!

と、相手のニーズ以上に、自分の不安を埋めることが目的になってしまうんですね。

で、ですよ。

この場合の「自信のなさ」とは、

私は人を幸せにできない

私は期待に応える力がない

私は相手の望むものを提供できない

といった、愛する力に対するもの、なんですね。

人によって、

  • 目の前の個人に対して
  • 組織や仕事そのものに対して

など、少し違いがありますが。

どちらにしても、自分の行為に対して自信がないと、相手の反応によって不安を埋めたくなっちゃうのです。

過去に「無力感」を感じたこと、ありませんか?

そんな、もともと愛情深く、人と協力することが得意で、やりがいを感じるあなたが、「私いなくてもいいのかな」と思ってしまう。

そこには、小さいころ、がんばって貢献したことで傷ついた経験があるかもしれません。

その当時に感じた「無力感」「自分への失望」

こうした気持ちが癒えていないと、頼られない不安を再現することで、「やっぱり、私はいなくてもいいんだ」と確認したくなっちゃうんですね。

それでね、頼られない不安をもつ人は、一方で、頼られるプレッシャーも感じている可能性があるんですよ。

いつもは、頼られると嬉しいし、「やりがい」を感じるのだけど。

ふとしたときに、

・利用されてるのかな……

・都合よく使われているだけじゃないかな……

・たまには自分でやってよ……

みたいな、頼ってくる人へのイライラ。出てくること、ありませんか?

ここまでくると、本来の面倒見のよい、あなたの良いところが、相手に歪んで伝わってしまうかもしれませんね。

それは、とても悲しいことです。

「無力な自分」への気持ち

まずは、過去に切り捨てた「無力な自分」への気持ちを、しっかり消化してあげること。

そして、相手の反応基準ではなく、自分で自分を喜ばせてあげること。

この辺りが、できるといいですね。

カウンセリングが得意なテーマでもあるので、一緒に活用してみてくださいね。

私もお手伝いします♪

自分を好きになれないあなたへ。読んでほしい記事

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!