メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

嫉妬が怖くて人の影に隠れる、いつも全力出しきれないあなたへ

はい、私のことなんですが(笑)

どうも、こんにちは、ももかです。

私のアウトプット更新が続きますが、お付き合いくださいませ<m(__)m>

前回、四柱推命で絶が2つある宇宙人は地球で突き抜けよう!っていう記事を更新したんですね。

そのかなで、私は同性に嫉妬されることが多い、と書いたのですが。実は男性にも嫉妬されます。

と言いつつ、正直、嫉妬ってどんな感情か、よくわからなかったけど。たぶん、アレが嫉妬なんだろうな、っていうエピソードが複数あります。

今日は、そんな私の考察をお届けします。

なぜか嫉妬される私のエピソード

なぜか嫉妬されるエピソード、パッと思いつくだけで3つあります。

あんまり詳しく書くと特定できちゃうので、サラッと紹介しますね。

1つめ。

営業時代、1つ下の後輩女子が、男性社員を何人か取り巻きにして、グループLINEで猛攻撃してきたことがありました。

2つめ。

フリーランスを模索していたとき、50代女性が、「先生を取られた」的なこと言ってると、その先生から聞いたり。

まぁ、1つ目と2つ目は、私が勝手に突っ走りすぎたところもあり。配慮が足りないとか、コミュニケーション不足とか、あるのだけど。

何もしてなくても嫉妬されることもあるんですよね。

それが3つめ。

派遣時代、先輩の女性に、「女使って~」とか「大学出て、そんなもんか」とか言われたり。(この先輩は高卒でした)

うん、何もしてないんですよ?

それが「嫉妬」だと思わないじゃん

で、ですね。

私は、それらの行為の背景に「嫉妬」があると、考えもしなかったわけです。

なんか知らんけど、めちゃくちゃネチネチした感情を向けられていることは、わかる。なんか知らんけど、気に障ることをしたんだってことは、わかる。

みんなと仲良くしたいから。みんなが笑顔でいてほしいから。仲間外れになる人がいるのは嫌だから。

そっか、私が悪かったんだ。

ってなるんですよ。

チョッパー?笑

人里に下りてみたら、なんか、みんなが自分を見て怯えている。危害を加えるつもりはないのに。仲間になりたいだけなのに。

みたいな、ね。笑

(チョッパーのエピソード泣けるよね)

嫉妬ってどういう意味?

さて、ここで「嫉妬」の意味を調べてみたら、やきもち、と出てきました。

他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。

自分の愛する者の愛情が他に向くのを恨み憎むこと。

なるほど!そういうことなら、あるかもしれん!

だって、私、後輩女子よりも広い社内ネットワーク持っていたもん。

同期の誰よりも早く出世して、広報にもバンバン使われて、傍目にはキラキラ社員だったからね!

でも、その裏で、あなたが取り巻きと飲んでいるときに、ひとりで仕事してたからね!

「先生を取られた」と先輩お姉さんが言ってるときに、新規獲得のために、instagram毎日更新して、その「先生」の見たい世界を現実にしていたもの。

事務の先輩お姉さんは、自分の言うこと聞く若い男性社員を取り巻きにしていたけれど、私はだれに対しても穏やかに共感的に接しているからね。

あなたよりも優れた成績が出せるのも

人に目をかけてもらえるのも

当たり前の結果なんじゃ!!!

なーんて、1ミリも思えず。

目立ったらいけないんだ。なんか怖い、ごめんなさい。

私が世間知らずで、常識がわからなくて、普通じゃないから迷惑かけちゃうんだ。何か、間違ったことしたんだ。

って、闇落ちして、自分の体を傷つけるループでした。

人の影に隠れるのは愚策

これまでの私は、ですね。

嫉妬というネチネチした感情を向けられるのが怖くて、人の影に隠れようとして。「私なんて、こんなもん」って、全力出せないポジションに自分から身を置く。

で、「動かないように、動かないように」って思うのに、また、なぜか私だけ攻撃される。

ようやく気付いたけど、これって愚策なんですよね~。

ここ2年くらい、怖いときほど、あえて前に出てみる作戦を実行してみてわかりました。

自分で全力出せない環境・役割を選んで、いつも攻撃されないかな?って、そこに神経使うから、とても疲れる。

昨日ツイートした、これね

体力ないと思っている人も、すぐ気力が底を尽きると思っている人も。

実は、エネルギーを抑えることにエネルギーを使っているので、心と体が病んでいくんですよね。

まずは自分で自分を認めてあげよう

いまの私は、「嫉妬なんて気にしない!」と、前よりも思えるようになってきたけど。

なかなか一朝一夕には難しいと思うんですよね。

気にしないと思っても、気になっちゃうから悩んでいるわけなので。

だから、ね。

まずは、嫉妬してくる相手のことは置いておいて。相手に対する気持ち、相手の言動への対策は、ず~っと後回しでいいのです。

その前に、たっぷり時間を使って、自分で自分を認めてあげられると、いいですね。

「私、捨てたもんじゃないな」

「なんだ、けっこう良いところあるじゃん」

「実は、すごいのかも!」

っていう、前提にしておいて。(しっくりこなくても、前提を変えるって大事!)

毎日の生活のなかで、口癖みたいに呟いてみてください。現実は、あとから追いついてきます。

私も、まだまだ修行の途中ですが。もし、同じように悩んでいる人がいたら、一緒にがんばりましょう♪

あ、今回、男性からの嫉妬について書けなかったので。次回書きますね~

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!