メニュー
プロフィール
ももか
HSS型HSPの心地よい働き方
2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

【エンパス】なぜか人が寄ってくるから怖い。無理して合わせて消耗するときの対策

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

エンパス体質の方は、なぜか人が寄ってくる経験があって、「人と関わるのが怖いな」と感じることがあるんですね。

人が寄ってくるのは、好かれているからでしょ?良いことじゃん!

と思うけど、その好意が怖いのです(泣)

相手に好かれても、自分が好きじゃない場合。

拒絶することに苦手意識があると、無理して合わせて消耗してしまい、日常生活を送るのが苦しくなっちゃうんですね。

今回は、エンパス体質の方が抱える「人が寄ってくる」という悩みと、対人関係をラクにする対策をご紹介します。

エンパスは人が寄ってくる

わたしのクライアントさんには、エンパス体質の方もいらっしゃいます。

自覚の程度には差がありますが、「人が寄ってくる悩み」がひとつのテーマなんですよね。

これは、良くも悪くもです。

すごく可愛がってもらえるし、ものすごい毒々しい感情をぶつけられることもある。

良い人だけ寄ってくれば毎日楽しいけど、なかには悪意や嫉妬をもって近づいてくる人もいます。

人の感情が流れ込んでくる

エンパス体質は、自動的に相手と【同調】するので。

自分の意思、気持ちに関係なく、相手に染まる感覚を潜在的にもっているんですね。

感情直感型エンパスは、普通に座っているだけで、隣の人の感情が流れ込んでくると感じるケースもあります。(ワンネス型は気づかず染まる)

参考:感情ワンネス型と感情直感型の違い

共感力のコントロールが未熟なエンパスは、流れ込んできた感情を自分と切り離すのが難しくなるのです。

なぜなら、基本が【同調】なので。

エネルギーをずらして、他人をシャットアウトすることに大きな心理的恐怖を伴うのです。

  • 拒絶できない
  • 期待に応えられない
  • 好意がプレッシャー
  • 自分を抑えて合わせなきゃいけない

こんな気持ちを抱える傾向があります。

優しさも憎しみも特大サイズ

エンパス体質の方はHSP気質でもあるので。

外側からの刺激を深くじっくり味わうため、他人の小さな感情を特大サイズで感じているのです。

優しさや愛情を向けられると、ものすごい安心を感じる。逆に、相手が1ミリでも劣等感や憎しみをもっていると、それもMAX値で感じるのです。

エンパスがよくわかる本

良くも悪くもエネルギーに同調する

エンパスの共感力とは、エネルギーに対する反応です。

コミュニケーションスキルとしての「聞き上手」とは違います。

コミュニケーションスキルとして聞くのが得意な人は、自分と相手の間に心理的距離を保ったまま、必要なところだけ共感の姿勢を示すことができます。

って、そんな明確に意識している人はいないけどね。

エンパス体質の方に人が寄ってくるのは、自分のエネルギーを相手の発するエネルギーに自動的にチューニングして、違和感を消すことができるから。

エンパスの共感は「共鳴」のイメージ

音叉の共鳴実験

相手がポジティブなエネルギーならいいけど。

ネガティブなエネルギーを発している人だと、そこに同調しちゃうエンパス本人はとってもつらい。

だって、「今日は楽しく過ごそう!」と思って職場に行ったら、一瞬でズーンと重たい気分になるんだから。

本能レベルのミラーリング

エネルギーに同調するというのは、本能レベルでミラーリングしているってことね。

恋愛心理学で、「相手と同じ動きをすると距離が縮まりやすい」って聞いたことありませんか?

たとえば、相手が腕を組んだら自分も腕を組む。LINEで絵文字を多用する人には、同じように絵文字を使う。

こうして相手の真似をする行為をミラーリングと言います。

エンパスの共感は、こうした行動レベルではなく、本能的にエネルギーでミラーリングしているのです。

自分の悪意や嫉妬がエンパスによってミラーリングされたら?

無自覚だけど一緒にいるとバカにされた気になって、いちいち地雷を踏んでくるような人が近くにいるとします。

それが【エンパス】かもしれません。

は?バカにして地雷を踏む人がエンパス?

「人が寄ってくる」というのは、相手も無自覚な場合があります。

気づいていないけど、相手に向けている悪意や嫉妬を「自分に対して向けられた」と感じることもあるんですね。

エネルギーレベルでは同調しているので、目に見えて違和感はありません。一見、気が合う人に感じるかもしれません。

ところが一緒にいると、自分の嫌な部分を見せられている気がして。つい、きつく当たっちゃう。

心理学でいう”投影”ですね。

人が寄ってきて消耗しちゃうときの対策

良くも悪くも人が寄ってくると、無理して合わせて消耗しちゃいますよね。

対策としては、「物理的に距離を置く」一択です。

それができないから悩んでるんだよ!という気持ちも、とてもわかります。

ただ、正直なところ共感力をコントロールできない段階では、丸腰で火災現場に飛び込むようなものですから。

まずは、物理的に距離を置くことが必要になってきます。

燃え盛る炎のなか、身体1つで取り残されている人がいたら、とにかく外に出してあげることが最優先ですよね。

そんなイメージです。

自分のエネルギーを浄化する

寄ってくる人に対して、アレしよう、コレしよう、という対策は、共感力をある程度コントロールできるようになってからで、全然大丈夫。むしろ、その方が効果が高いです。

なので、最初の1歩は、1人でいる時間を増やすこと。

この1人でいる時間に、エネルギーを浄化する感じで、心地よいことにたくさん意識を向けていきましょう。

ある程度、自分のことがわかってきて、共感力もコントロールできてきたな~と感じる人は、

  • 違和感のある人とは会話を広げない
  • わざと会話のテンポをずらす

といった対策もチャレンジしてみてください。

人が寄ってくるエンパスも自然体で過ごせる!

人が寄ってくる恐怖って、なかなか理解されにくいんですよね(>_<)

とくに感情直感型エンパスは

この人は本音と言ってることが違う。わかっているのに、言わないで会話を続けるのは、ウソついてる気がして後ろめたい。

こんな感覚があって、ジレンマを起こしやすい。

感情ワンネス型は、気づかずに同調しているので。

なんか知らんけど、人間関係のトラブルに巻き込まれるんだよね。なんか知らんけど、とつぜんトゲトゲした感情を向けられて傷ついたり。

共感していないときの感覚を知る

そんなエンパスも、共感力をコントロールしていけば自然体で楽しく過ごせるようになります。

そのためには、共感していないときの感覚を体感しましょう。

まずは、物理的に人と距離を置いて、いま以上にひとりで過ごす時間を多く確保してみてください。

その時間は、エネルギーをクリアに保つために、

  • ワクワク
  • ウキウキ
  • ホッとする

といった、ポジティブな心地よさを感じるよう意識してみてね。

少しずつ練習すれば、生活が変わりますよ。

それでは~

共感力に悩むあなたに読んでほしい関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!