「人間を知りたい」が全ての原動力

こんにちは、ももかです。

私が心理学に興味を持ったきっかけは、高校生で適応障害になったこと。

自分がわからなくて、学校の友達も先生もわからなくて。人間の不思議に興味を持ち、「自分も周りの人も解明したい」と思って大学で心理学を専攻しました。

勉強すれば人がわかるかもしれないと思ったのです。

その世界を見てみたい

あれから10年経ちましたが、いまだに人間はわからないことばかり。だからこそ面白くて、私の好奇心を刺激してくれます。

知りたい。理解したい。その世界を見てみたい。

転職や恋愛を繰り返すのも、人と一緒にいるのも、全ては「目の前の人間が見ている世界を同じように体感してみたい」という興味関心が原動力になっています。

仕事はお金をもらえる社会科見学という感覚だし、人生はドラマよりもドラマチックだと思っています。

普通に生活している人の話はドキュメンタリー以上の何ものでもなく、背景を知るのが楽しい。

もっとも大切で刺激的、そして難解な人間関係

このブログをリニューアルするとき、ふと浮かんだセリフがあります。

人生において、もっとも大切で刺激的、そして難解な人間関係の相手は『自分自身』なの。

自分が心底好きだと思える自分を、同じくらいに好きと思ってくれる人と出会えたら、それは本当に素晴らしいこと。

SEX AND THE CITY

これは、海外ドラマ『SEX AND YHE CITY』の主人公キャリーのセリフで、まさに私が伝えたいことです。

人間という生き物はとても不思議で、知識や技術を求め、日進月歩で成長していきます。

そのくせ体は一向に進化することなく、自然災害に怯え、自分以外の『何か』を利用して身を守っています。

人間関係ひとつ取っても、悩み苦しみ傷つき、それでも一緒にいたいと願う。実に面白い。

自分を知るには他者が必要

なぜ傷つけ合いながらも理解し合うことを諦めず、集団社会を作っているのかといえば、自分のことは自分が1番わからないからだと思います。

知識や技術は進化しているけど、体は一向に進化しないのは、自分や他人を理解するには原始的な本能が必要で、そのために進化が止まったのではないでしょうか。

自分自身を知るためには、自分以外の誰かの存在が必要なんだと。

そして自分が心底好きだと思える自分を、同じくらい好きだと思ってくれる人と出会うこと。この営みが人生のスパイスとなり幸福感を生むのだと思います。

人の数だけ人生物語がある

自己・他者理解を深める方法は世の中にたくさんありますが、私は本来持っている気質や性格を使う方法が好きです。より原始的で本質に沿っていると感じるから。

気質や性格を使って人を分析するのは、人類の進化や歴史を感じられる神秘的な時間です。どれだけ技術が進歩しても、人間の持っている感情や思考、気質は変わらない。

自分を解明することはもちろん。私の知識や経験が誰かの生きづらさ解消の助けになって、もっと生きやすくなる提案ができたら嬉しいし。

世界でたった一人しかいない「人の個性」を研究するのが、とても楽しいのです。

人の数だけ人生という物語がある。同じ人はひとりもいない。とても奥深くて探究しがいのあるテーマです。

私の好奇心が誰かに触れて、その人の中で起きる化学反応を見るのも、また楽しい。人間という個性の研究をもっともっと追求していきたいと思います。

扱いづらい自分を好きになるメルマガ

気質・性格から複雑な生きづらさを紐解き、自分らしいライフスタイルをデザインする方法

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!