メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

【カウンセリングQ&A】HSPかどうか、はっきりわからないのですが、申し込みは可能ですか?

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

ももかです。@momohsphss

今日は、カウンセリング(自己理解セッション含む)に関するご質問に回答したいと思います。

自分がHSPかどうか、はっきりわからないのですが、申し込めますか?

HSPやHSS型HSPのチェックリストを確認いただき、当てはまる部分がある方でしたら、お受けいただけます。

チェックの個数は気にされなくて大丈夫です。

たとえ1~2個でも、完全に当てはまるものがあれば、HSPの可能性があります。


とてもシンプルな回答ですが、こちらの記事では、私なりの【HSPとの付き合い方】について、お話させてください。

現在は、いろんな立場の方が、それぞれの考えでHSPと向き合っておられると思います。

ここでお話するのは、私の個人的な意見であり、絶対的な正解ではありません。そして、現在、私が言葉にできる範囲での説明になります。

月日が経って状況が変われば、細かい表現方法や捉え方には変化があると思います。

それでも、今回お話する、私なりの【HSPとの付き合い方】は、研究をはじめた6年前から変わっていません。なので、今後も大きく変化することは、ないと思います。

私の信念であり、カウンセラーの仕事をする最大の目的だからです。

HSPは自分の感覚より「相手の正解」を優先しがち

HSP気質をもつ方は、自分の感覚よりも「相手の正解」を優先する傾向があると思うんですね。

強く自己主張するよりも、その場の空気を瞬時に察知して、当たり前のように調和します。(当たり前すぎで無自覚の方も多いです)

そして、相手に合わせようとするのです。

たとえ違和感があっても、

「それは違うと思います!」

「私はそう思いません!」

と否定することに罪悪感を持ちやすいのですね。

相手が専門家で知識があり、自分が相談する立場であれば、なおさら。

「すごく丁寧に説明してくれたから。」

「私の理解が足りないだけかもしれない。」

「そう言われたら、そうかもしれない。」

こんな感じで、とても真摯に受け取ってくださる方が多いのです。

で、グルグル考えて動けないのはダメ、というルールを持っている方もいますから。

答えを出すこと”だけ”に執着すると、とても視野が狭くなってしまうのです。

なので、ご本人の感覚を最優先にしたいと思っています。

結果的に「HSPじゃなかった」という結論も採用できるようにしたいのです。

すべての可能性を納得いくまで吟味する

HSPである or HSPではない

と、白黒つけたくなるけど。

「あれかこれか」と、どちらかを捨てて早々に結論を出すのではなく。

「あれもこれも」すべての可能性を納得いくまで吟味する。

HSPをきっかけにして、自己探求すること。それ自体が、心の癒し、自分の発見につながるのです。

  • チェックリストで「当てはまらない」と感じるのは、なぜだろう?
  • HSPだと認めたくないのかなぁ、なんでだろ?
  • 「HSPはもっと繊細だ。それに比べて私は…」こうやって”比較”しちゃうんだよなぁ

こんな感じで。

あなたが、ご自分の「心」と向き合えるように。検証のプロセスを含めて、私を活用してほしいなと思います。

あらゆる【診断】とは距離を置く

私のスタンスとして、あらゆる【診断】とは距離を置くことにしています。

カウンセラーにも色んな人がいますから、「○○タイプ診断」みたいなサービスを提供されている方もいらっしゃるでしょう。

自己理解に役立つものだと思うし、私も大好きです。

ただ、HSPに関しては病気と混同されやすく、言葉のイメージから【医学的な診断】を連想されることも少なくないと思うんですね。

「発達障害か?HSPか?専門家に診断してもらって、はっきりさせたい。」というように。

医療機関のサイトでもHSPに言及していますから、

病院で扱われるもの=どこか欠陥がある人=専門家の診断が必要

みたいな感覚ってありますよね。

ガンや風邪のように、先生の質問に答えると「インフルエンザですね。2~3日安静にしてください」と言ってもらえるような。

そういう【診断】のイメージが浮かびやすいと思います。

カウンセリングって何するの?

カウンセリングをはじめて利用する方は、そもそも「カウンセリングって何するの?病院と違うの?」と疑問ですよね。

○○カウンセラーと肩書がある人にも、内容はさまざまですが。カウンセリングの基本は、お話を聴くことであり、アドバイスや指導ではありません。

心理学の知識をもち、【聴く】という技術を専門的に訓練したプロが、心理カウンセラーです。

基本は【聴く】ことですが、場合によっては、心理セラピー(心理療法)を使って、体験的に心にアプローチすることもあります。

【医学的な診断】を行うのは医師の役目であり、カウンセラーは、クライアント(相談者)のお話をじっくり聴きます。

カウンセリングでは、お話のなかから、クライアント(相談者)とともに進む道を見出し、サポートします。

HSPは心理学用語

HSPは医学用語ではなく、心理学用語です。

人の内面の状態について、医学的な診断をする場合は、DSMやICDといった、世界基準の診断マニュアルに沿って、医師が行います。

心理学用語というのは、ある特定の状態に対してつけられた名称で、心理尺度をもとに、当てはまるかどうか見ていくものなんですね。

とはいえ、デタラメに決めるわけじゃなく、膨大なデータと客観的な証拠を用意したうえで、というのは医学と一緒です。

なので、病院の先生に診断されるものではないのですね。

可能性の提示、情報提供はしてもらえるかと思います。HSP気質が影響して起こる二次的な心の病気とかね。

性格診断とは違うの?

心理学って「心理テスト」のイメージがありますよね。

タイ焼きをどこから食べるかで性格がわかる・・・みたいな。

いわゆる性格診断とは違うの?と思いますが。

HSPは生まれ持った性格傾向(気質と言います)に対して、つけられた名前です。

生年月日や血液型のように、客観的にだれから見ても証明可能な個人情報を使うわけではありません。

じゃあ、何を基準にするかというと、その人の主観です。

いまはHSPブームなので、エンタメ色が強い「診断コンテンツ」もあるかと思います。

素早く!詳しく!正確に!診断します!と言っている人も、いるかと思います。

ひとつだけ、知っておいてほしいのは、詳しい人ほど答えを出すことに慎重になります。

HSPかどうか決める権利は、ご本人にある

波風立てることを恐れず断言するとしたら、

HSPかどうか決める権利は、ご本人にある

です。

そして、私はここに、強い想い入れがあります。

なぜなら、私自身、自分で自分のことがわからず、だれかがバシッと答えを出してくれることを(無意識に)求めていたのです。

だれかに答えを出してほしかった

だれかに

これが、あなたでしょ。

こうすれば、うまくいくんだよ。

ここが問題だから、うまくいかないんだよ。

そうやって説明して、明るい場所に連れて行ってほしい。

なにをしても、どっちの方向に行っても、すぐ行き止まりになってしまって。

打つ手がない!お手上げ!って思っていたから。

自分の人生に嫌気がさして、それでも前に進まなきゃいけなくて。

だれかが説明してくれた特徴を読んだら、そこに答えが乗っていると思っていたんですね。

たしかに参考になったことは、いっぱいありました。「なるほど!そうか!私はこれだった!」と、自分を見つけた気持ちになったことも、たくさんありました。

だけどね、限界もあったんですよね。

「自分で乗り越えた」という感覚

本当の意味で自分を知るには、他者の存在が必要でした。きっと私の課題は、

  • 信頼する
  • 大切にする
  • 愛する
  • 許す
  • 受け入れる

といった心に関するテーマだったから。

単純に答えだけ手渡されても、そこからトラウマ、コンプレックス、人との距離感、愛着、といった心の深い傷は、癒すことが難しかったのだと思う。

だから、人との関わりのなかで、生身の人間たちとの交流のなかで、自分を見つけていく必要があったんですね。

時間をかけて気持ちを整理して、自分の扱い方を知ることで得られるのは、「自分で決めて、自分で乗り越えた」という感覚です。

この感覚は、自己効力感、自己価値、自尊心、といった人生を充実させるために欠かせないものです。

HSPをきっかけにして自分を見つめるプロセスを重視する

長々と堅苦しい説明をしました(汗)

まとめると、

お申し込みのときに、HSP(エンパス含む)の核心がなくても大丈夫です。

むしろ、HSPかどうか悩む時間こそ、心の癒しにつながると考えています。

・チェックリストで1つでも当てはまるものがある

・「これ私だ!」とビビッと来た

という方は、ぜひカウンセリングにお越しください。

私は、HSPであれ、エンパスであれ、MBTIであれ、あなたが自分を見つけるプロセスを大切にしています。

ひとつの結論を出すことを否定するわけじゃなく、それも大切にしながら。どっちか、じゃなくて、どっちもね。

最初から決めつけてしまうと、防衛とか、トラウマとか、社会的な役割とか。

心の傷に触れないように、自分を守るために、簡単に「都合の良い結論」に辿り着きます。

都合の良い結論が必要な時期もあるし、「もっと違う答えがある!いま見えているのは、必要な答えじゃない!」と、本来受け取るべき事実を拒否するときもあるけど。

そうした迷い、苛立ち、曖昧さ、ぜんぶひっくるめて自分を知るということです。

自分に意識を向ける時間、道のり。その旅路に同行させてくださいね。

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!