メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

「付き合う人を選ぶ」ってどうやるの?人を線引きするのが苦手でも基準は必要!

こんにちは、ももかです。@momohsphss

「この人は信用できないな」

「この人は距離を置こう」

「この人は味方にしておいた方がいいな」

そうやって【人を選ぶ】という考えがありますか?

ももか

私はありませんでした

先日、四柱推命から自分の性質がスッキリわかって、なんだか、色んなことが腑に落ちたのですが。

そのなかで、私は

  • 80%の行動力と20%の人脈で世の中を渡っている
  • 色んな人が強烈な数寄ってくる
  • 人間磁石
  • 親しみやすいが、騙されやすい

こんな性質を持っているとわかったのです。

だから、自分でちゃんと付き合う人の基準を決めなきゃ!と、気づいたのですね。

もうね、点と点が線になって目の前が開けた!ってなったのですよ。

で、ノートに書きだしてみたのだけど……

付き合う人を選ぶという考えがなくて、全然筆が進まない!笑

そんな状態でしたが、なんとか絞り出してみたので。この記事でシェアしようと思います。

私のように、

  • 付き合う人を選ぶ
  • 人を線引きする
  • 人を評価する

みたいなことが苦手な人は、「自分なら、どうかな~?」と考えるきっかけにしてもらいたいし、

同じように、良くも悪くも人間関係で悩みやすい!っていう人は、私の基準を参考にしてみてください。

付き合う人、避ける人の基準

私なりに考えた、付き合う人、避ける人の基準(2022.10.31Ver)がこちら↓

付き合う人

普段は控えめだけど、言うときはちゃんと言ってくれる人

芽が出てないときに、親身になってくれる人

声に棘がない人

励ましてくれる人

避ける人

自分の思い通りに動かそうとしてくる人

駆け引きしてくる人

急に距離を詰める人

あの手、この手で近くに置こうとしてくる人

ギラギラしてる人

おだてる人

気づいたこと

意外と、避ける人の方がスラスラ出てくる!笑

意識していないだけで、実は「嫌だな」とか「居心地悪いな」とか、ちゃんと感じているんですよね。

でも、そんな考えが浮かんでも、

きっと悪い人じゃない

悪意はないんだ

人のこと悪く言ったらいけない

みたいな、聞き分けの良い子になろうとする自分によって、「なかったこと」にしているだけなんだよね。

書き出してみて、改めて大事だなと思ったのは、「おだてる人」より「励ましてくれる人」

これ、すごく重要だと思う!

騙すつもりがなくても「都合よく使いたい」と思っている人はいる

そんなことない!って思いたいところですが。

騙すつもりがなくても、自分にとって都合よく使いたいと思っている人はいるんですよね。

私の場合、詐欺や犯罪に巻き込まれるような、「騙された!」っていう経験はないんです。(あ、大学生のころコンサートのチケット詐欺にあったわ)

だから、騙されやすいと言われても、「そうかな~」って、いまいちピンと来ないんですね。

でもでも!

相手が明確な意図を持っていなくても、なんとなく心の底では、

・自分が良い気分でいたいから

・自分の評価が上がるから

・自分の「得意」が発揮されるから

・自分のセルフイメージを保ちたいから

こういう心境の人って、いると思うんです。

それが悪いこと、とは言えないけど。だって、私も同じような気持ちになること、ありますから。

ただ、こうした相手の気持ちに振り回され過ぎると、自分がつらくなっちゃうよ。ってことなんですね。

人間関係は、良くも悪くもなる

たぶん、人って本来、中立なんだと思います。

良い関係になるのも、悪い関係になるのも、自分次第。

私は「依存は相手がいるから成立する」と聞いたとき、めちゃくちゃ納得したんです。

同じことをしても、相手によって、良くも悪くも転ぶのです。

ってことは、相手が明らかな意図をもって、「騙してやろう」とか「都合よく動かしてやろう(うへへ)」みたいな気持ちじゃなくても。

受けとる側の、私たちの反応によって、良くも悪くも転ぶんですよね。

だから、ちゃんと線引きしないといけないのです!

「申し訳ないから」とか言ってる場合じゃないですよ!!奥さん!!

「おだてる人」より「励ます人」を選ぶ

それで、です。

私もね、改めて人を選ぶ基準を考えてみたとき。

これまでの経験から、「おだてる人」よりも「励ます人」の方が、なんとなく一緒にいて心地よい気がする、と思ったのです。

私の場合、人外感満載の宇宙人なので、何もしなくても目立つんですね。

で、たぶん、相手は怖いんだろうな、と思うのですよ。未知との遭遇だから(笑)

っていう考察が合っているか、わからないけど。

とにかく、おだてられる。ご機嫌取りされる。とくに仕事である程度評価されてる男性から。(もちろん、全員じゃないですよ!一部の人ですよ!)

おだてるって、漢字だと【煽てる】、つまり、煽る(あおる)です!!

煽る(あおる)は、けしかける、そそのかす、みたいな意味があるそうです。

正直、あんまり良い気持ちにはならないですよね(汗)

で、ですね。

一方で、励ましてくれる人って、一見、控えめで静かで、わかりにくかったり。逆に、耳が痛いような真実をズバッと言ってくれたりとか。

わかりやすく「応援してるよ!」「頑張って!」とかじゃないけど、なんか、「力になりたい」みたいな気持ちが伝わってくる……というか。

「励ます」は、元気づけるという意味があるそうです。

こっちの方が良くないですか!?

元気づけてくれる人!!

基準を持っていることが重要

こういう基準って、持っていることが重要だと思うんですね。

小説やドラマのように、わかりやすく敵・味方が設定されていれば、対処もしやすいけど。

実際の人間関係は、わかりにくいし、変化も激しいです。

なので、一度決めた基準を何が何でも守り通す!っていうよりも。日々の生活を送りながら、常にアップデートしてくものなんですよね。

ほら、アプリのアップデートって、定期的に来るじゃないですか。「軽微なバグを修正しました」とかメッセージ付きで。

そんな感じで、毎回きっちり守らなきゃいけない法律っていうよりも、必要なときに取り出すお守りみたいな感じで。

どんな人と付き合う?

どんな人は避ける?

って、考えておくことが大切だと思います。

私が今回ご紹介した基準も、月日が流れて経験を積んだら、また違う内容にアップデートされると思います。

そのときは、また追記してご紹介しますね!

それでは~

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!