メニュー
プロフィール
ももか
HSS型HSPの心地よい働き方
2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

しんどいかもだけど、1回じっくりキャリアの棚卸してみよ?

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

いつも逃げるように仕事を辞めてきた

嫌なこと、いっぱいガマンして

体調崩してしまって

ちゃんとした話し合いもできないまま

嫌なこと「イヤだ」って言えないまま

上司や同僚に、本当の本当の気持ちは隠したまま

ネガティブな状況なのに

なんとかポジティブっぽい理由を自分に言い聞かせて

いろんな会社を転々としてきた

愛想笑いだけは上手いから

面接受ければ受かる

だけど、いつも

どこにも居場所がない気がした

表面上は集団生活をしているけど

心の孤独感はいつも消えない

そんな状態だった、わたしです

ここ数年で、ようやく、「あぁ、働くってこういうことか」「こうやって、みんな働き続けているんだな」って、わかるようになりました。

妥協でも諦めでもなく。地に足ついて、現実的に見れるようになった…とでも言いましょうか。

【冷静と情熱のあいだ】を取れるようになってきました。

なつかしい↓w

そしたら、ストレスに潰れることなく、感情に振り回されることなく、ペースをコントロールできるようになりました。

つぎを考えると胃が痛くなるときは「今日」を生き延びることを考える

転職しすぎて、自分のことがわからなくなったとき。どうしても、つぎを考えると胃が痛くなると思うんですね。

頭では「働かなきゃ」と思うけど、気持ちと体がついていかない。

働きたい

この仕事がしたい

よりも

働かなきゃ

社会人なんだから働くべき!

働かない私には価値がない!

働いて自分で稼がないと見捨てられる!

みたいな、不安と焦りで、とても視野が狭くなっている状態なんですね。

そういうときは、自分への合格点をグッと下げて、体力的に負担の少ない仕事を選んで、とりあえず「今日」を生き延びることを考えます。

で、今日生きるお金を確保して、業務量を減らして、まずは体力的な余裕を作ります。

そのうえで、じっくりキャリアの棚卸をしてみてください。

キャリアの棚卸で「しんどかったんだよ」の心の声を受け取る

キャリアの棚卸とは、これまでの仕事人生を振り返ることです。

仕事年表を作って、はじめた理由、辞めた理由、継続期間を俯瞰してみます。

スクロールできます
職種継続期間はじめた理由やめた理由
不動産営業正社員3年社風に惹かれたノルマがきつい
一般事務派遣1年未経験だったから先輩とあわなかった
キャリアの棚卸

仕事年表を作って、どんなキャリアを歩んできたのか書き出したら、【気持ち】と【行動】の共通点を探します。

はじめた理由

あなたのモチベーション

辞めた理由

あなたのストレス時の行動パターン

選んだ職種・業界

あなたの求める人との関わり方

選んだ社風

あなたが求める世界観

こんな感じで、傾向を見ていくと、選択の基準(=自分軸)が見えてきます。

キャリアの棚卸で見える自分軸

  • 動機(行動する理由)
  • ストレス時に取る行動
  • どうやって人と関わって
  • どんな世界を求めているのか

過去を振り返るのは、いわば心のデトックス。毒だしなので、ワクワク♡キュンキュン♡とはいかない作業です。

ストレスを感じた当時を再体験するので、エネルギーも使います。

なので、キャリアの棚卸をする余裕を作るためにも

まず「今日」を生きるために、体力の負担が少ない仕事を選んで、最低限の食費と生活費を確保できる状況を作るんです。

こうして、少しずつ、少しずつ。

過去に蔑ろにして、見て見ぬフリしてきた、自分の本音。

あのとき、しんどかったんだよ

という心の声を受け取れるようにしていきましょう。

働くことを通して、なにを証明しようとしているのか?

人は、それぞれパラダイム(前提)をもち、そのパラダイムを証明するために、行動を選択しています。

親からずっと

「あんたはダメな子」

「ひとりじゃ何もできないんだから」

「またそんなムダなことして」

と言われて育った人は、

ダメな自分

ひとりじゃ何もできない自分

ムダなことする自分

というパラダイムを握りしめ、そんな自分を証明するために働きます。

逆に、親からずっと

「私が何でもしてあげるわ」

「親なんだから、これくらい当然よ」

「なんでもしていいのよ」

と言われて育った人も。その言動の裏に親の自己愛を感じ取った場合は、

束縛される自分

与えられる自分

ひとりで何でもできる自分

というパラダイムを握りしめ、そんな自分を証明するために働きます。

自由を求めているはずなのに、なぜかルールで束縛される環境を選んでしまうんですね。

って感じで。

親から受け継いだパラダイムは、自分の扱い方に反映され、それが働き方にも影響します。

なので、しんどいかもだけど

1回、キャリアの棚卸をして過去を振り返り、しっかり自分自身の本音と向き合う時間を取ってくださいね。

このとき大事なのは、【思考】ではなく【感情】の方ですよ。感情と思考の違いはこちらの記事で解説しています。

では~

親子関係と働き方の関連記事

親との依存関係オススメの本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!