メニュー
プロフィール
ももか
HSS型HSPの心地よい働き方
2017年にHSS型HSP気質が腑に落ち、そのままの自分を受け入れることを決意。気質の研究と考察をブログで発信すると続々とメッセージが届くようになり、相談サービスを開始。

話すの苦手だけどネイリストで起業したいHSS型HSPのチャレンジ

こんにちは、ももか(momohsphss)です。

ちょっと唐突なんですが、お客さまの話していいですか?

さいきん起業サポートさせていただくなかで

やりたいことが明確になってから始めてもいいけど、とにかく始めて、経験するなかで明確になってくパターンあるよな

って思ったんですよね。

って、わたしも、このパターンなんですが笑

起業!独立!ビジネス!って聞くと

  • すごいことしなきゃいけない
  • 立派な人にならなきゃいけない
  • 自分にはそんな力量も資格もない

みたいな。圧倒される感じありません?

わたしが起業を考え始めたとき、まさに考えていました。

だけど、そのとき、そのときで。

いまの自分で「やりたいな」って思ったことで「できること」に全力を出してみて。

人から反応もらうことで、1歩1歩進むことができて。

そのたびに必要なスキルに気づいて学んで、欠けてたマインドが育って成長して、少しずつ形になった。

話すの苦手だけどネイリストで起業したい

いまサポートさせていただいてるお客様。

何度も転職を繰り返して、心療内科に通った経験もあるのだけど「いい加減、自分らしい生き方をする!」って決めて、ネイリストでフリーランスに挑戦してるんですね。(ネイルサロンで働いた経験あり)

だけども、会話の主導権を握るのが苦手で「あなたはどう思う?」って言われると、とても恐怖を覚えたり。

相談するのも苦手で、ひとりで抱え込みすぎてパンクしたり。

会社員時代に、そんな苦しくて、もどかしい感じになってしまって。それで

「ネイルやりたいな」

「会社員以外の道に挑戦したいな」

と思ったものの、

施術しながらお客さまと長時間会話するって考えると気が重くなるし、自分から何かを提供することに強い不安がある。

そんな状態だったんです。

で、フリーランスどうこうの前に、人と話すときの不安が軽くなったらいいな~と思ったので。

初回のセッションでは、「まずは相談の練習をしませんか?」って、お話しまして。

ももか

【相談】って言葉の響きがハードル高いのであれば、それも、ご自分がしっくりくる表現で。
次のセッションまでに1回LINEを送るチャレンジしてみましょう!

ってところから始めて。

2回目以降は、毎日その日の気持ちを点数化して報告してもらってるんです。(認知行動療法のアレンジです)

悩んでる、いますでに。できることがある!

そんな感じで進めてたら、

ある日、LINEで送ってきてくれた文章が感情豊かに表現されていて、読んでて気持ちをグッと掴まれたんです!

話の内容は、「ネット検索してたら劣等感を刺激されてモヤモヤしてる」なんですが

それ読んで感動したのと、共感されそうなネタだとビビビッと感じたので

ももか

これ、そのままブログとかSNSに書くのが、めっっっちゃオススメです!!
【だから私はネイルでフリーランスに挑戦することを通して、こんな風になりたいと思ってる】
とか

って伝えたら、

お客様

その発想なかったです!!
ももかさんの「めっちゃおすすめ!」に背中押されました!
だから私は〜の部分が、すごくしっくりきたので、やってみたいです!

って言ってくれて。

とっっっても嬉しかったのですよぉぉぉぉ(泣)

可能性見せてあげられたかな?

ちょっとでも光が見えたかな?

って我ながら、自画自賛ですが。

その言葉がもらえただけで、

とーーーーーっても心が満たされたんです!!

(ももかの脳内では「話し下手さんに人気のネイリスト」とかまで妄想してます!w)

なにが言いたいかっていうと、もう、すでに。

悩んでいるその状態で、届けられるものがあるってことです!!

お客さまの反応で自信がつくことも全然ある!

そんな感じで

心満たされた、ももかは強く強く!!!お伝えしたいことがあります。

堂々と胸を張れる状態に、自信もってからサービス提供してもいいけど。

いまできる範囲で挑戦して、お客さまからの反応で自信がつくことも、全然あるのですよ!!!

むしろ、悩んでること、できないこと、コンプレックスが強みになって。

背伸びしなくても、等身大の自分を好きな人が集まるから、ムリしなくていい。

カッコ悪いとこ曝け出す勇気は必要だけど、出せちゃえば、逆にストレス少なくてラクです。

愛読書の名言貼っておきますね!

ええか、学歴が良くて仕事ができる人間ほど、よーく勘違いする。強みで愛されるってな。

だどもな、真実はむしろ逆や。

弱みがあるからこそ人は愛されるんだべ。

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

まさに、わたしがこのパターンで。

リアルでは共感してもらえない考え方や悩みが、ネットの世界では共感してもらえることって、すごくあって。

そこで「1人じゃないんだ」って勇気もらえて、1歩ずつ進むことができて、ここまで成長できたんです。

同じように、会社員のときは「空気読めない」と思われてた行動も、起業の世界では「当たり前」なことも。

たーーーくさん、あります。

準備が万全にできてから始めるのも、ありだけど。

先に体験しちゃうのも、ありだよな。

っていう気づきのシェアでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!