メニュー
プロフィール
ばば ももか
心理カウンセラー
\ 扱いづらい私を好きになる!/
高共感体質の生きづらさ専門カウンセリング

HSP/HSS型HSP/エンパスの研究6年目。相談を受けるようになって4年目。

HSS型HSP気質で、高い共感力と両極端な二面性に振り回され、適応障害・摂食障害、愛着の問題を抱えていた。

共感と認知スタイル(ものの見方)が引き起こす生きづらさを解明し、克服した経験をもつ。

230人以上の相談実績があり、分類名の特徴と人格を区別し、本来の持ち味を活かすこだわりがある。

モットーは「生きづらさは自信に変えられる!」

広い世界で自由にラフに生きよう♪

やりたいことを選んでも時間が経つと「これじゃない感」が出て他が魅力的に見える心理

やりたい仕事を選んでいるはずなのに、なぜかしっくりこない。なんだか自分で選んだ気がしない。

時間が経つと「これじゃない感じ」が湧いてきて、違う選択肢が魅力的に見えてくる。

ご相談のなかでも多いテーマで、私も同じような現象に悩まされた経験があります。で、最近ひしひしと感じているのが「1番得意なことは1番最初に切り捨てている」です。

巷の強み発掘では、得意なことは自分では簡単にできてしまうもので、他人から褒められることであると言われますよね。

聞いたことある人も多いんじゃないかな?

好きなことより得意なことの方が成果につながりやすいから、まずは得意なことを伸ばそう!そして得意なことのなかで好きなことと合致する部分を見つけよう!ってやつですね。

たしかに、そうなんだけれども。

最初に挙げたような現象を抱えている人は、もう少し根深い心理ブロックが隠れているので踏み込んで考える必要があります。

それが「1番得意なことは1番最初に切り捨てている」ってこと。では、なぜ得意なことを最初に切り捨ててしまうのか?

褒められることを受け入れられない

もうね、これですよ。

才能を発揮する方法を解説した記事では、才能を<もつ/自覚する/使う>これらは別物だという話をしました。

才能を自覚するというのが、得意を自覚するとも換言できます。

才能を自覚するには、自分の行為に対する他者の評価を客観的に把握する必要があります。

ここで褒められることを受け入れられないと、本来の得意なことを華麗にスルーしてしまうんですね。

「とんでもない」で自分を低く見積もる

褒められたときに、条件反射で「とんでもないです(汗)」という言葉が出てくる人がいます。

謙虚な姿勢はステキだけど、自分を低く見積もる原因になっていないか確認してみてください。

自分は褒められる価値がない人間だという思考が埋まっていると、得意なことを選んでいるようで、選択肢を狭めている可能性があります。

褒められるとプレッシャーになる

褒められたことがプレッシャーになり、「この先も同じように評価されなければ!」と自分を追い込んでしまう癖がついていませんか?

相手が抱いている以上の期待値を設定して、達成できない自分を責め「私には向ていない」と思ってしまうんですね。

ももか

私はこのパターン

1番得意なことは地味に感じる

こちらは最近、痛感していることです。

私の場合なんですが、歯ごたえのある経験を好むし、本気でのめり込んでいる感覚が欲しいので、あえて大変そうな道を選ぶことが多いんですよね。

あと、目の前の刺激に流されやすいところもあるので、どれだけ綿密に計算していても、ビビッと来たものがあれば「いえーい!やっちゃえ!」って感じで見切り発車しちゃう。

同じような感覚がある人、ない人、いるかと思いますが。

1番得意なことは地味に感じるっていうのは、すべての人間に共通する真理だと思います。

なぜなら習慣になっていて、少ない労力で達成できちゃうので。この話も、自己啓発とか心理学が好きな人は、よく聞くでしょう。

じゃあ、なぜ知っているのにできないのか?

望むものを手にしてはいけない

ひとつ考えられるのは、望むものを手にしてはいけないという自我の声を持っている場合。

たとえば、小さいころ絵を書くのが好きだったけど、親はテストで良い点数を取る方が喜んでくれたから、勉強をがんばるようになったとか。

がんばって出した成果に対して、周りから批判された経験があるとか。

そうすると評価が他人軸になるので、そもそも本来望んでいるものは華麗にスルーしちゃう。

  • 自我とは、環境適応のために身に着ける意識のパターンみたいなもの

少ない労力だから面倒くさい

よくある一般的な人間の傾向として、小さい労力で済むことは面倒に感じて後回しにしがちです。

歯磨きとか、お風呂に入るとか。習慣になっていて「できて当たり前だよね」と思っていることほど、刺激が少ないのでやりがいを感じにくくなります。

この傾向プラス、褒められることを受け入れられないブロックがあると、1番得意なことが1番魅力を感じない現象につながるんですよね。

楽して成果を出してはいけない

これは私が自分を観察して発見した自我の声です。たぶん10代のころから握りしめている気がします。

努力をしているんだけど、努力を努力と思っていなくて、しんどいけど夢中になってやっていたら成果出ちゃって評価もついてきちゃう。

いつも助けてくれる人がいて、周りに人が集まってきてくれる。

なんとなく自分の実力も把握していて、無謀なチャレンジもしないし、結果が見えそうで見えないレベルの目標設定をする。(親は過保護)

こういう環境だったので、「20代は苦労しなくちゃ!」と思って、1番つらい経験ができる会社に就職しました。

ももか

ドMか!

いま振り返ると、1番得意なことは真っ先に切り捨てていた気がします。

やっと言語化できるようになったけど、当時は、まさか自分が「楽して成果を出しちゃいけない」と思ってるなんて想像もしませんでした。

失敗するなら若い方がいいっていう、だれが言ったかも知らない言葉を素直に体現して、色々経験して盛大に黒歴史を積み重ねました。

楽できる道が選択肢に並ぶことすらなかった。いまネタになってるからいいけどね。

世間的に受け入れられそうな「やりたい」になってない?

やりたい仕事を選んでいるはずなのに、しばらくすると違う選択肢が見えて「これじゃない感」を持つ人は、1番得意なことを1番最初に切り捨てている可能性があります。

その「やりたい」は、世間的に受け入れられそうな範囲から選んだものだったり、自分を低く見積もったうえでの選択だったりする。

そもそも得意なことを選んで良いと許可してあげることが必要なんですね。

で、得意なことを選ぶためには、他者の評価を客観的に把握する必要があるので、褒められることを自分に許可できているかも確認してみて。

最初は地味でつまらなそうに見えたことも、意外と面白さを見出せるかもしれません。

手にしているものをちゃんと受け取るためにも、自我の声(~してはいけない、~でなければならない)に耳を傾けてみてください!

扱いづらい私を好きになる!

HSP HSS エンパスの

自己肯定感を高めるメールマガジン

高い共感力による複雑な生きづらさを紐解き

心を軽くするコツ♪

\ くり返す負のループから抜け出す! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!